Fast Data eXchange(FDX) フレームワーク


The embedded tools company


Fast Data eXchange(FDX) フレームワーク
  ハイライト
ターゲットアプリケーションとホスト上のアプリケーションのインターフェース
追加のハードウェアが不要
高い通信バンド幅
リアルタイムのデータ転送
ソフトウェアトレース機能
 
  はじめに
Fast Data eXchange (FDX) は、ターゲットとホスト間の効率的な通信フレームワークです。






機能

Fast Data Exchange (FDX) は、ターゲットとホスト間で、任意のユーザデータの転送を可能にします。 ターゲット側のプロトコル実装は、ターゲットアプリケーションに含む必要があります。 ローターバッハは、プロトコル実装のソースコード例を提供しています。 転送データは TRACE32 API や、名前付きパイプを介し、ホスト側のユーザアプリケーションでの処理が可能です。 非インタラクティブに動作している場合、TRACE32 は、データソース/シンクとして通常のファイルの読み書きを行うことができます。

FDX のプロトコルは、転送するデータ量に比べ、非常に小さいオーバーヘッドで規定されています。また、FDX のデータ転送は、バッファリングの利用により、高いバンド幅を実現しています。

トレース

FDX を利用したアプリケーションとして、FDX ソフトウェアトレースがあります。 ターゲットアプリケーションは、トレース APIを介し、ホストにトレース情報を送信することができます。 TRACE32 は、FDX のデータストリームを認識し、通常のトレース情報と同様に扱います。

転送方法

TRACE32 では、様々な転送方式をサポートしています。 デュアルポートメモリを利用したメモリマップドのバッファ転送により、ブレークポイントでの通常のメモリアクセスは、ほぼ全てのプロセッサコアで利用可能です。 ターゲットデバイスによっては、DCC(Debug Communication Channel)をサポートし、FDX データをリアルタイムに転送することも可能です。



Copyright © 2023 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 02-Jan-2023