トレースベースのコードカバレッジ


The embedded tools company


トレースベースのコードカバレッジ
  ハイライト
インスツルメンテーションなしのリアルタイムコードカバレッジ
長期テストに最適
アッセンブリ、ソースコードレベルで解析
オフラインレビュー機能
マルチコアチップをフルサポート

TOP

特長


 
TOP

はじめに


コードカバレッジ解析では、テストにおいてソフトウェアアプリケーションのどの部分に負荷がかかり、どの部分に負荷がかからないのか知ることができます。特に安全性が非常に重視される開発において、全体のシステムの安全性を脅かす未検出エラーが出現するリスクを最小限にするためにコードカバレッジが頻繁に利用されています。

実際のターゲットハードウェア上で高度に最適化されたコードがテストされている間、TRACE32は、オンチップトレースロジックにより提供されるデータを使用して長時間のトレースベースのコードカバレッジ解析をサポートします。このメソッドは、コードへのインスツルメンテーションに頼らず、チップのランタイム時の振る舞いにも影響しません。一般安全規格に準拠するためにTRACE32でMC/DCカバレッジを採ることができます。
 
TOP

記録


トレース情報を記録するには、TRACE32のデバッグ&トレースツールをチップに接続します。



チップのトレースロジックは各コアの命令実行情報を生成します。TRACE32デバッグ&トレースツールのトレースメモリにあるトレース情報を転送するには高帯域幅のパラレル/シリアルのオフチップトレースポートが必要です。トレーズバッファのサイズは現在4GBまでに限られていますが、ストリーミングをすれば記録時間は制限されません。ストリーミングの間、トレース情報はホストコンピュータ上のファイルにストリームされる前に短時間の間トレースメモリにバッファリングされます。予備データの解析が常時実行できるように、コードカバレッジデータの処理は記録と同時に開始します。

 
TOP

統合


TRACE32はモジュラーテストの分割を考慮し、フレキシブルな統合機能を提供します。以前に実行されたテストサブセットのコードカバレッジデータを現行のデータと組み合わせてカバレッジ解析を完了することができます。


 
TOP

レビュー


ホストコンピュータで実行しているTRACE32のPowerViewは、解析の結果を表示します。モジュール、機能、ソースコード行のカバレッジの概要を多面的に表示することができるため、迅速に結果をレビューできます。



アッセンブリレベルおよびソースコードレベルのカバレッジが表示されます。ソースコード行のカバレッジを検証するには、関連するすべてのアッセンブリ命令文のカバレッジをモニターします。この方法を取ることでソースコードから直接トレースが採れる命令文に限定せずに解析が行われていることが保証できます。



網羅されていないコード部分はすべてマークされハイライトされています。
 
TOP

コメント


テスト完了後に対処しなければならないカバレッジのギャップには多数の原因があります。 デットコードが受理されず、検出された後に削除されなければならない一方で、現用系に依存している無効化コードが許可される場合などです。



TRACE32では特に注意しなければならないコードセグメントに容易に対処することができます。行に補足コメントを付けることで各ロケーションに迅速にナビゲートしてくれます。

 
TOP

エキスポート


解析後にすべての結果をエクスポートして後処理やオフラインレビューを実行したり、サードパーティツールチェインとTRACE32を組み合わせたりすることができます。



XSLTスタイルシートではコードカバレッジデータのフォーマット、フィルタリングが可能です。




Copyright © 2017 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 13-Mar-2017