TRACE32 リモート制御


The embedded tools company
TRACE32 リモート API
TRACE32 リモート API クライアント
リモート API とサードパーティのツール
Python 用インターフェイスの詳細情報




Support
テクニカルサポート

Support

 

TRACE32 リモート API


TRACE32 リモート APIにより TRACE32 を制御し、任意のプログラムからテスト対象のデバイスにアクセスが可能です。以下に一般的な利用例を示します。
  • TRACE32 を自動化された実動作環境へのインテグレーション
  • テストおよび測定システムのテスト対象デバイスへのインターフェイスとして TRACE32 を活用
  • サードパーティツールのテスト対象デバイスへのインターフェイスとして TRACE32 を使用
TRACE32 リモート API から、複数の TRACE32 PowerView インスタンスを同時に制御することも可能です。 PowerView インスタンスそれぞれに 1 つのソケットストリームを確立することで可能になります。
テスト対象のデバイスが物理ターゲットであるか、仮想ターゲットであるか、もしくは命令セットシミュレータであるかには、リモート APIは依存しません。


Support

 

TRACE32 リモート API クライアント


リモート API クライアントは、Python3.6 または C 言語で記述することが可能です。
  • Python によるリモート API クライアントの作成用に、ネイティブ Python インターフェースを提供しています。このインターフェースは、MIT オープンソースライセンスの下でパブリックドメインでリリースしています。ネイティブな Python インターフェースも pypi.org で公開しています。

  • C 言語による独自のリモート API クライアントを作成用に、クライアントインターフェイスの C 言語のソースコードを提供しています。関連するライセンス契約条件に同意後、ソースコードは自由に使用可能です。

  • また、共有ライブラリを利用することで、その他のプログラミング言語からリモート API を使用することも可能です。
すべてのクライアントインターフェイスは、TRACE32 スクリプト言語である PRACTICE で記述されたスクリプトを呼び出す機能を持っています。起動用スクリプト、フラッシュプログラミング用スクリプトなどを変更せずに、そのまま利用可能です。
 

リモート API とサードパーティのツール


サードパーティメーカーの専用ツールと TRACE32 ツールとが、データのやりとりを簡単に実現できるようにオープンインターフェイスを提供しています。さらに、TRACE32 リモート API は、サードパーティベンダーに TRACE32 を制御する I/F を提供しています。
例えば、LabVIEW 上の仮想計測器から TRACE32 の制御が行える LabVIEW 用のインターフェースの提供を行っています。
 

Python 用インターフェイスの詳細情報





Copyright © 2021 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 04-Oct-2021