PowerTrace Serial


The embedded tools company
構成
追加機能
接続


DEMONSTRATOR R-Car D3 R-Car E3 R-Car H3 R-Car M3N R-Car M3W R-Car V3H R-Car V3M X-Gene

PowerTrace Serial
  ハイライト
4 GByteのトレースメモリ
各チャネル 最大12.5 Gbit/s
Auroraベースのトレースプロトコル、最大8 RXレーン
PCleベースのトレースプロトコル、最大8 RX/TXレーン
レファレンスクロック/ビットクロックサポート
ホストコンピュータへの高速トレースアップロード
独立した17チャネル・ロジック・アナライザ機能
サポートチップ ARM/Cortex, ARC, CEVA-X, MPC57xx, QorIQ, RH850, TriCore




 
TOP

構成


ローターバッハのツールは、アーキテクチャに依存しない汎用的な共通モジュール構成を基本コンセプトとしてツール設計されています。PowerTrace Serial はトレースプロトコル(e.g. ARM-ETM)用に汎用トレースモジュールとして 事前に設定されており、拡張ケーブルでターゲットに接続することができます。

PowerTrace Serial をホストコンピュータに接続するためにはPowerDebug PROが必要です。以下の図は構成の例です。

Configuration of PowerTrace Serial

PowerDebug PRO
  • ARM、Cortex、Power Architecture、Intel x86/x64など、80以上のマイクロプロセッサ・アーキテクチャをサポート
  • 汎用デバッグモジュールをアーキテクチャに専用のデバッグケーブルでターゲットに接続
  • 汎用デバッグモジュールをCombiProbeで接続してデバッグ、4ビットシステムトレース
  • 全てのホストに対応したUSB3.0または、ギガビット・イーサネット
  • PowerProbe、PowerIntegratorなどのロジックアナライザモジュールに対応したPODBUSおよびPODBUS高速インターフェース
  • PODBUS高速インターフェースでPowerTrace PX、PowerTrace II などのモジュールをトレースし、トレースデータを高速アップロード
  • トリガコネクタでトリガパルスを送受信
 
TOP

追加機能


通常のトレース機能に加えて、PowerTrace Serial を標準的なプローブに接続して17チャネル・ロジック・アナライザとして使用し、トランジェントレコーディング、単純なトリガ、プロトコル解析などを実施することもできます。別売のTRACE32アナログプローブに接続することで電圧、電流値を測定し、エネルギープロファイリングも可能です。
IProbe of PowerTrace II
 
TOP

接続


Adaptation for ARM HSSTP

Adaptation for MPC57xx Aurora Nexus

Adaptation for PPC QorIQ Serial Trace Port

Adaptation for RH850 Aurora

Adaptation for TriCore AGBT

Adaptation for PCIe on PowerTrace Serial




Copyright © 2018 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 03-Sep-2018