TRACE32 PowerTrace


The embedded tools company
はじめに
PowerTrace III / PowerTrace II LITE
PowerTrace Serial



Support

 

はじめに


全ての PowerTrace モジュールは、デバッグモジュール TRACE32 PowerDebug PRO に接続して使用します。 パラレル/シリアルトレースポート経由で、プロセッサコア、バス、システムのトレース情報を記録するため、高速なメモリシステムを提供しています。この高速なメモリシステムにより、以下の動作が可能です。
  • 高いバンド幅による連続したトレースデータの記録

  • トレースデータをリアルタイムでホストコンピューターにストリーミング
トレースデータの保存時に、タイムスタンプが付与(解像度:5 ns)されます。 プロセッサアーキテクチャ毎に、トレースデータをデコードするためのライセンスが必要になります。 すべての PowerTrace モジュールは、PowerDebug PRO と接続するための PODBUS Express インタフェースを備えており、ホストコンピューターへのトレースデータの高速アップロードを可能にしています。
 

PowerTrace III / PowerTrace II LITE


PowerTrace III / PowerTrace II LITE は、TRACE32 プリプロセッサを介してターゲットに接続します。
  • TRACE32 AutoFocus II プリプロセッサ

    パラレル(最大 32 ビット)でトレース情報を記録します。納品時には、アーキテクチャに対応したトレースプロトコルのライセンスが予め設定されています。他のアーキテクチャに対応したライセンスを、システム導入後に追加していただくことが可能です。

  • TRACE32 Serial プリプロセッサ

    Aurora ベースのプロトコルを使用したシリアルトレースポートでトレース情報を記録します。最大 4 つの RX レーンをサポートし、各レーン最大 6.5 Gbit/s のバンド幅を提供しています。納品時には、アーキテクチャに対応したトレースプロトコルのライセンスが予め設定されています。他のアーキテクチャに対応したライセンスを、システム導入後に追加していただくことが可能です。

PowerTrace III / PowerTrace II LITE の特長:

PowerTrace III
  • 4 または 8 GByte トレースメモリ
  • 最大 19.2 GBit/s のバンド幅
  • 最大 400 MByte/s の TRACE32 ストリーミングサポート
  • その他詳細情報はこちら
PowerTrace II LITE
  • 1 GByte トレースメモリ
  • 最大 10.8 GBit/s のバンド幅
  • 最大 100 MByte/s の TRACE32 ストリーミングサポート
  • その他詳細情報はこちら
 

PowerTrace Serial


PowerTrace Serialは、Aurora または PCIe3.0 ベースのプロトコルによるシリアルトレースデータを記録、保存します。最大8つの RX/TX レーンをサポートし、それぞれの最大 12.5 Gbit/s のバンド幅を提供しています。納品時には、アーキテクチャに対応したトレースプロトコルのライセンスが予め設定されています。他のアーキテクチャに対応したライセンスを、システム導入後に追加していただくことが可能です。


PowerTrace Serial の特長:

PowerTrace Serial
  • 4 GByte トレースメモリ
  • 最大 100 GBit/s のバンド幅
  • 最大 400 MByte/s の TRACE32 ストリーミングサポート
  • その他詳細情報はこちら



Copyright © 2022 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 04-Jul-2022