PowerTrace III


The embedded tools company
構成
データレート TRACE32 AutoFocus II プリプロセッサ
データレート TRACE32 Serial プリプロセッサ
Mixed-Signal Probe


PowerTrace III
  ハイライト
トレースメモリサイズ: 8GByte
トレースデータのホストコンピュータへの高速アップロード
最大19.2GBit/sのバンド幅
汎用トレースモジュールをTRACE32 AutoFocus II、シリアルプリプロセッサでターゲット接続
最大 32 ビットのパラレルトレースポートのサポート
4 レーンまでのシリアルトレースポートのサポート
最大 400MByte/s の TRACE32ストリーミングのサポート
TRACE32 Mixed-Signal Prob 付属(デジタル12チャンネル、アナログシングルエンド 6 チャンネル、電流センス 2 チャンネル)




 

構成


PowerTrace III は、デバッグモジュール TRACE32 PowerDebug PROの機能を拡張します。PowerTrace III は、パラレルまたはシリアルのトレースポートを介して、トレースデータを最大 8 ギガバイトのトレースメモリに記録することができます。

Configuration of PowerTrace III
 

データレート TRACE32 AutoFocus II プリプロセッサ


  • パラレルトレースポート DDR モードで最大 8 ビット(TCTL)のポートの場合、ピンあたり 600MBit/s
  • DDRモードで最大16ビット(TCTL)のポートの場合、ピンあたり最大600 MBit / sの並列トレースポート。 18ビットポートの場合も「continuous mode」なし
  • 最大 32 ビット(TCTL)のポートの場合、ピンあたり最大 350MBit/s の並列トレースポート
 

データレート TRACE32 Serial プリプロセッサ


  • 最大 4 レーンのシリアルトレースポート、各レーンは最大 6.5Gbit/s (合計で最大 19.2GBit/s)
 

Mixed-Signal Probe


PowerTrace III の製品パッケージには、TRACE32 Mixed Signal Probeも含まれており、TRACE32 AutoFocus II やシリアルプリプロセッサで実行されたトレース記録に、デジタルおよびアナログ信号を直接記録し、その相関データを収集することができます。この相関データは、共通のタイムスタンプをベースにしています。
TRACE32 Mixed Signal Probe
  • デジタル/アナログ信号の記録、プログラムフローとの相関
  • デジタル信号:12チャネル、0V〜5V、200MSamples/s/チャネル、スレッショルド0.1V〜2.5V
  • アナログ信号:シングルエンド電圧 6 チャンネル、-12V - +12V、13ビット分解能、電流センス 2 チャンネル、最大240mVの差動シャント抵抗電圧、1MSample/sの 変換レート




Copyright © 2021 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 08-Sep-2021