PowerTrace II


The embedded tools company
構成
データレート TRACE32 AutoFocusII プリプロセッサ
データレート TRACE32 シリアルプリプロセッサ
付属の標準プローブ


PowerTrace II
  ハイライト
トレースメモリサイズ: 1/2/4GByte
トレースデータのホストコンピュータへの高速アップロード
最大 19.2GBit/s のバンド幅
汎用トレースモジュールをアーキテクチャ専用トレースプローブでターゲットに接続(プリプロセッサ)
最大 32 ビットのパラレルトレースポートのサポート
4 レーンまでのシリアルトレースポートのサポート
最大 180MByte/s の TRACE32ストリーミングのサポート(データの圧縮により、より高いデータレートを実現)
標準で 17 デジタルチャネル対応のプローブが付属




 

構成


ローターバッハのモジュール型コンセプトでは、アーキテクチャより独立した汎用ベースモジュールとして設計されています。PowerTrace II をトレースモジュールとして、各アーキテクチャ専用のプリプロセッサを介してターゲットに接続することが可能です。PowerTrace II をホスト接続するには、PowerDebug PROへ接続する必要があります。以下の図は PowerTrace II の構成例を示しています。
Configuration of PowerTrace II
 

データレート TRACE32 AutoFocusII プリプロセッサ


  • パラレルトレースポート DDR モードで最大 8 ビット(TCTL)のポートの場合、ピンあたり 600MBit/s
  • DDRモードで最大16ビット(TCTL)のポートの場合、ピンあたり最大600 MBit / sの並列トレースポート。 18ビットポートの場合も「continuous mode」なし
  • 最大 32 ビット(TCTL)のポートの場合、ピンあたり最大 350MBit/s の並列トレースポート
 

データレート TRACE32 シリアルプリプロセッサ


  • 最大 4 レーンのシリアルトレースポート、各レーンは最大 6.5Gbit/s (合計で最大 19.2GBit/s)
 

付属の標準プローブ


通常のトレース機能に加えて、PowerTrace II は付属の標準プローブにより17チャネルロジックアナライザとして、トランジェントレコーディング、単純なトリガ、プロトコル解析などを実行可能です。別売りの TRACE32 アナログプローブを使用すると、電圧や電流値を測定し、エナジープロファイリング測定(内蔵トレースメモリの 1024KByte を利用します。)を行うことができます。 IProbe of PowerTrace II



Copyright © 2021 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 06-Sep-2021