PowerDebug PRO


The embedded tools company
構成概要
トレースモジュール


JTAG Debugger for ARM, PowerPC, TriCore, 68K, HC12, SH4, XSCALE, etc.
  ハイライト
全てのホストに対応したUSB3.0または、ギガビット・イーサネット
ARC、Cortex-A/R/M、Power Architecture、RISC-V、TriCore、Xtensa など、約 100 種類のマイクロプロセッサ・アーキテクチャをサポート
TRACE32 トレース拡張モジュール PowerTrace II/III および PowerTrace Serial との PODBUS Express インターフェース
トリガ信号を送受信可能なとリガコネクタを装備


Support
テクニカルサポート



 

構成概要


Configuration of PowerDebug PRO
 

トレースモジュール


PowerTrace Serial
  • 4 GByteのトレースメモリ
  • 各チャネル 最大12.5 Gbit/s
  • Auroraベースのトレースプロトコル、最大8 RXレーン
  • PCleベースのトレースプロトコル、最大8 RX/TXレーン
  • レファレンスクロック/ビットクロックサポート
  • ホストコンピュータへの高速トレースアップロード
  • 独立した17チャネル・ロジック・アナライザ機能
PowerTrace III
  • トレースメモリサイズ: 8GByte
  • トレースデータのホストコンピュータへの高速アップロード
  • 最大19.2GBit/sのバンド幅
  • 汎用トレースモジュールをTRACE32 AutoFocus II、シリアルプリプロセッサでターゲット接続
  • 最大 32 ビットのパラレルトレースポートのサポート
  • 4 レーンまでのシリアルトレースポートのサポート
  • 最大 400MByte/s の TRACE32ストリーミングのサポート
  • TRACE32 Mixed-Signal Prob 付属(デジタル12チャンネル、アナログシングルエンド 6 チャンネル、電流センス 2 チャンネル)
PowerTrace II
  • トレースメモリサイズ: 1/2/4GByte
  • トレースデータのホストコンピュータへの高速アップロード
  • 最大 19.2GBit/s のバンド幅
  • 汎用トレースモジュールをアーキテクチャ専用トレースプローブでターゲットに接続(プリプロセッサ)
  • 最大 32 ビットのパラレルトレースポートのサポート
  • 4 レーンまでのシリアルトレースポートのサポート
  • 最大 180MByte/s の TRACE32ストリーミングのサポート(データの圧縮により、より高いデータレートを実現)
  • 標準で 17 デジタルチャネル対応のプローブが付属
PowerTrace-II LITE
  • 512 MBのトレースメモリ
  • ホストコンピュータへの高速トレースアップロード
  • 最大 10.8 GBit/s の帯域幅
  • TRACE32 AutoFocus II または TRACE32 シリアルプリプロセッサを介してターゲット接続
  • 最大 32 ビットのパラレルトレースポートに対応
  • 最大 4 レーンのシリアルトレースポートに対応
  • 最大 50 MByte/s の TRACE32 トレースストリーミングに対応




Copyright © 2022 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 10-Jan-2022