News - ローターバッハ社:RISC-V設計向けツールを拡張


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 15-Dec-2020


© [ktsdesign]/123rf.com

ローターバッハ社:RISC-V設計向けツールを拡張


ローターバッハ社は、デバッグとトレースユニットを組み合わせたCombiProbeファミリを拡張して、RISC-Vアーキテクチャをサポートします。

ローターバッハ社の全てのRISC-Vデバッグツールは、最新の承認済みRISC-Vデバッグ仕様で動作するように設計されています。 CombiProbeは、32ビットと64ビットの両方のRISC-Vコアをサポートし、通常は複数の異種コアを備えたミッドレンジシステムをデバッグするように設計されています。 4つのチャネルで、チャネルあたり最大400MBits/sの中帯域幅トレースポート、既存の独自仕様の「SiFive Nexus Trace」、また、RISC-V Internationalによって正式に承認され次第、将来のトレース仕様もサポートされます。典型的な使用例は、同じSoC内のRISC-VとCortex-Mコアのペアでしょう。 TRACE32 PowerViewソフトウェアには、十分に文書化されたAPIが含まれているため、ユーザーは逆アセンブラを拡張してカスタム命令をサポートすることができます。 CombiProbeは、20ピンの「Arm標準」デバッグヘッダー、またはRISC-Vで定義されたMIPI10およびMIPI20Tヘッダーに接続します。

RISC-Vはオープンな命令セットアーキテクチャであり、設計者はロイヤリティフリーで明確に定義された命令セット、カスタムペリフェラルを使用してチップを作成できます。もともとは2010年にカリフォルニア大学バークレー校で開発されましたが、現在は非営利のRISC-V国際コンソーシアムによって管理されています。 RISC-V仕様では、32ビット(RV32)、64ビット(RV64)、および128ビット(RV128)向けに命令セットと多数の承認済み拡張機能を使用して、浮動小数点、アトミック操作、乗算、圧縮、命令、標準デバッグなどの機能を追加することができます。

ローターバッハ社のマネージングディレクターを務めるNorbert Weissは、次のように述べています。「RISC-Vは、組み込みシステムの将来に大きな影響を与えると考えています。その設計は幅広いアプリケーションをカバーしており、お客様は、より迅速に、より高品質のコードをもって市場に参入するのに役立つ、設計に適したTRACE32ツールがあることを確信できます」。

RISC-V向けCombiProbeサポートは、2021年1月1日から利用可能になります。

Additional Information
CombiProbe for RISC-V 32-bit and 64-bit



Copyright © 2020 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, 85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 15-Dec-2020