News - TRACE32:Time Partition Testingの領域を拡大


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 06-Sep-2018


TRACE32:Time Partition Testingの領域を拡大

組込みシステム向けのデバッガとロジックアナライザを専門とする、マイクロプロセッサ開発ツールのドイツのトップメーカー、ローターバッハ社は、TRACE32とPiketec社のTime Partition Testingツールの統合を発表しました。

この統合はTPT 12でサポートされており、Piketec社のFUSIONプラットフォーム用の新しいノードを採用しています。これにより、ユーザはプロセッサインザループ(PIL)テストでTPTとTRACE32をつなげられます。このようなテストは、各種安全規格に準拠しているか、ソフトウェアの照合検証をする企業にとって非常に有益なツールであり、TRACE32との統合により、TPTはサポートされている幅広い種類のマイクロプロセッサにアクセスすることができます。

ローターバッハ社のセールスマネージャを務めるNorbert Weissは次のように述べています。「プロセッサインザループテストは、実世界のコードの実行をモデルと比較する優れた方法です。生成されたコードが、基礎となるオペレーティングシステムおよびハードウェアと、どのように相互作用するかを検証し、最終的な選択を行う前に異なるプロセッサアーキテクチャでアルゴリズムの動作を比較する機能を開発者に提供します。この統合は、進む複雑化にも関わらず、組込みシステムの性能、安全性、信頼性を高めるマイルストーンになるでしょう」。

Additional Information
Finde more information about Piketec



Copyright © 2018 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 06-Sep-2018