TRACE32 標準MMUサポート


The embedded tools company
はじめに
シームレスなデバッグ
高度な機能


TRACE32 標準MMUサポート
  ハイライト
プロセッサのMUの完全認識機能
オペレーティングシステムによって構築されるソフトウェアMMUテーブルの検出とデコーディング
任意の仮想アドレス、または物理アドレスへのアクセス
複数のユーザ空間MMUテーブルへの並列アクセス

プロセッサMMUレジスタの表示
MMUテーブルエントリの表示
アドレス変換テーブルの表示


Support
テクニカルサポート



 

はじめに


メモリの抽象化はマルチタスク環境では多くの利点がありますが、複雑度も高くなります。 TRACE32は、この複雑度に対応するために次の機能を提供しています。
  • 専用コマンドにより、MMU、TLB、およびページテーブルの詳細な表示が可能です。
  • TRACE32 MMUサポートとTRACE32 OS認識機能により、カーネルとハイパーバイザが使用するすべてのページテーブルを表示できます。
  • これにより、完全なシステムの可視化が可能になります。すべてのプロセスの関数、変数、スタックフレーム、およびカーネルの詳細を確認できます。
 

シームレスなデバッグ


設定を適切に終えると、TRACE32は自動的にシステム全体を可視化します。TRACE32ユーザはコードのデバッグに集中して取り組むことができます。



 

高度な機能


MMU、TLB、ページテーブル、アドレス変換の詳細を熟知している開発者は、高度なTRACE32コマンドを使用してすべてのエンティティの詳細が調べられます。







Copyright © 2021 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 08-Sep-2021