VectorCAST® インテグレーション - コードカバレッジ


The embedded tools company
トレースベースコードカバレッジ
RAM ベースコードカバレッジ


VectorCAST® インテグレーション - コードカバレッジ
  ハイライト
トレースベースコードカバレッジ

TRACE32 コードカバレッジ機能による出力ファイルに基づいた解析
インスツルメンテーションなしで計測された TRACE32 リアルタイムコードカバレッジを基に解析
テスト環境下のチップの命令トレース機能を基に計測
TRAC32 がサポートする各種オフチップトレースインターフェースに対応
TRAC32 トレースストリーミングにより長時間カバレッジ計測が可能
テスト失敗時に即座にデバッグに切り替え

RAM ベースコードカバレッジ

TRACE32 RAM 保存出力ファイルに基づく
VectorCAST Harness によるカバレッジデータの収集、カバレッジ RAM への書き込み
オフチップトレースポート不要
テスト失敗時に即座にデバッグに切り替え
TRACE32 がサポートする全てのプロセッサアーキテクチャに対応
TRACE32 がサポートする全てのコンパイラに対応
 
  はじめに
TRACE32® と VectorCAST のインテグレーションにより、ターゲットプロセッサの命令トレース機能の有無に関わらず、VectorCAST のインターフェースでコードカバレッジの実行が可能となります。


Link Support
テクニカルサポート
[www.vectorcast.com]  VectorCAST Code Coverage

TRACE32 Trace-based Code Coverage




 

トレースベースコードカバレッジ


テスト対象のチップが命令トレースをデータ化するオフチップトレースインタフェースを備えている場合、TRACE32 はこの情報を記録してコードカバレッジのベースとします。オフチップトレースインターフェースのメリットは、ターゲットアプリケーションのインスツルメンテーションを必要とせず、リアルタイムのコードカバレッジが可能なことです。テスト実行の記録量はTRACE32 トレースストリーミングを利用する場合、数テラバイトのトレースデータの取得が可能です。トレースストリーミングを利用しない場合は 4 ギガバイトになります。



TRACE32コードカバレッジの結果をファイルにエキスポート後、VectorCAST ツールチェーンにインポートすることで、詳細な解析を行うことができます。


 

RAM ベースコードカバレッジ


テスト対象のチップがオフチップトレースインターフェースを持っていない場合、VectorCAST Harness テストエージェントによりカバレッジデータを収集します。VectorCAST Harness はターゲット上に割り当てられたカバレッジ RAM を利用してデータを収集します。このカバレッジ RAM のサイズにより、カバレッジデータ記録量が決定されます。カバレッジ RAM の内容は各テストの実行後に、TRACE32 によりファイルに保存されます。この保存されたファイルを詳細解析のため VectorCAST ツールチェーンにロードすることが可能です。




Copyright © 2022 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 06-Jun-2022