TRACE32 AutoStart Mechanism


The embedded tools company
TRACE32 ビルド99518以前のオートスタート
TRACE32ビルド99519以降のオートスタート(2018年8月)
よくある質問(FAQ)



TRACE32アプリケーションを起動すると、いくつかのPRACTICEスクリプトが自動的に実行されます。  

TRACE32 ビルド99518以前のオートスタート


ビルド99518までのTRACE32は起動時に1つのスクリプトのみを実行しました。

  • 個々の起動スクリプトがコマンドライン(またはT32Start)で指定されている場合、このスクリプトのみが実行されます。(t32.cmmは実行されません)
  • 起動スクリプトが指定されていない場合は、現在のワーキングディレクトリからt32.cmmファイルが実行されます。
  • 起動スクリプトが指定されておらず、ワーキングディレクトリにt32.cmmがない場合、TRACE32システムディレクトリ(通常はC:\ T32)からt32.cmmファイルが実行されます。
    2017年8月から2017年8月からローターバッハは t32.cmmの別のバージョンを納品しています。 このバージョンでは、TRACE32システムディレクトリのスクリプトsystem-settings.cmmと、ユーザがファイルを作成済みの場合、ユーザ設定ディレクトリからuser-settings.cmm(Windowsの%APPDATA%\ TRACE32または〜/それ以外の場合、.trace32と、ワーキングディレクトリからwork-settings.cmmを実行します。
 

TRACE32ビルド99519以降のオートスタート(2018年8月)


ビルド99519以降のTRACE32は起動時に次のスクリプトを開始します。

  1. TRACE32はまず、TRACE32システムディレクトリ(通常はC:\ T32)からautostart.cmmファイルを実行します。
  2. autostart.cmmは通常、次のスクリプトを実行します。
    • system-settings.cmm(TRACE32システムディレクトリから)
    • user-settings.cmm(ユーザー設定ディレクトリ(Windowsでは%APPDATA%\ TRACE32または〜/それ以外の場合、 .trace32)
    • work-settings.cmm(現在のワーキングディレクトリから)
  3. 最後に、TRACE32はコマンドライン(またはT32Start)で指定されたファイルをさらに実行します。

Iautostart.cmmファイルがTRACE32システムディレクトリに存在しない場合は、(コマンドライン、またはT32Start で起動スクリプトが指定されていない場合、)ビルド99519以降のTRACE32は以前のオートスタートメカニズムに戻り、t32.cmmを実行します。

autostart.cmmファイルは弊社が提供しているため、変更しないでください。すべてのソフトウェアアップデートはautostart.cmmを上書きします。
個々の設定は、(弊社で変更されることのない)system-settings.cmm、user-settings.cmm、およびwork-settings.cmmファイルに追加してください。

 

よくある質問(FAQ)


以前のオートスタートメカニズムに戻すにはどうすればよいですか?

最新のオートスタートメカニズムの使用を推奨しています。ただし、以前のものを使用する必要がある場合は、次の操作を実行できます。

  • オプション 1: TRACE32システムディレクトリからautostart.cmmファイルを削除することで、以前のautostart-mechanismに簡単に戻すことができます。 ただし、 ソフトウェアアップデートによってautostart.cmmファイルが復元されることに注意してください。
  • オプション 2: 次のようにするとautostart.cmmを削除することなく、以前のオートスタートメカニズムと同じ結果を得ることができます。
    1. TRACE32システムディレクトリ(Windowsでは通常は、C:\ T32)からsystem-settings.cmmファイルを開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。
    2. 次のPRACTICEコードをsystem-settings.cmmの一番上にコピーします。 IF (VERSION.BUILD()>=99519.)&&(PRACTICE.CALLER.FILE(1)==OS.FILE.ABSPATH("~~/autostart.cmm")) ( PRIVATE &cmm &param ENTRY %LINE &param BookMark.RESet // Clear all bookmarks loaded via AutoSTOre in autostart.cmm HISTory.SIZE 10. // Clear command history loaded via AutoSTOre in autostart.cmm IF VERSION.ENVironment(STARTUP)!="" &cmm=VERSION.ENVironment(STARTUP) ELSE IF OS.FILE("./t32.cmm") &cmm="./t32.cmm" ELSE IF OS.FILE("~~/t32.cmm") &cmm="~~/t32.cmm" IF "&cmm"!="" RUN "&cmm" &param END )

どうすればt32.cmmのオートスタートが停止したことを知らせるダイアログを削除できますか?

必要なユーザ定義の設定をt32.cmmからsystem-settings.cmm、user-settings.cmmまたはwork-settings.cmmに移動し、t32.cmmを削除(または名前変更)することを推奨しています。ただし、他にもオプションがあります。

  • オプション 1: t32.cmmの削除または名前の変更
  • オプション 2: コマンドラインでオプション "-s"を指定して起動スクリプトを指定するか、 "詳細設定> StartupScript"のT32StartでTRACE32を起動します。その起動スクリプトは空でも問題ありません。
  • オプション 3: TRACE32ワーキングディレクトリ(通常はTRACE32を起動した場所のディレクトリ)にwork-settings.cmmファイルを作成または作成し、スクリプトの最後に次の2行を追加します。(存在する場合、"ENDDO"という行の前に) IF (VERSION.BUILD()>=99519.)&&(VERSION.ENVironment(STARTUP)=="") END // すべてのスクリプトを終了してダイアログを閉じる

どのようにPRACTICEスクリプトのオートスタートを停止することができますか?

コマンドラインオプション --t32-safestartは、アプリケーションの起動後にPRACTICEスクリプトを起動しないようにPowerViewに指示します。




Copyright © 2019 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 06-May-2019