TRACE32コードカバレッジ-評価


The embedded tools company
はじめに
トレースベースのコードカバレッジ
Tソースコード解析が必要なトレースベースのコードカバレッジ




Support
テクニカルサポート
 

はじめに


TRACE32は、各種コードカバレッジメトリクスをサポートしています。ほとんどのメトリクスでは、ソースファイルとトレース記録で十分ですが、一部のメトリクスではソースコード解析も必要になります。

Support

 

トレースベースのコードカバレッジ


Support

以下のメトリクスは、ソースファイルとプログラム実行のトレース記録に基づいて直接検証することができます。
  • ステートメントカバレッジ
  • 関数カバレッジ
  • 分岐カバレッジ
  • オブジェクトコードカバレッジ
コードカバレッジ結果は、モジュール、関数、ソースコードレベルで提供されます。

Support

 

Tソースコード解析が必要なトレースベースのコードカバレッジ


Support

以下のメトリクスでは、ソースファイルとプログラム実行のトレース記録に加えて、コードカバレッジを検証するためのソースコード解析(メタデータ)が必要です。
  • MC/DCカバレッジ
  • コールカバレッジ
  • デシジョンカバレッジ
ローターバッハは、ソースコード解析を実行し、メタデータを生成するためのt32castコマンドラインツールを提供しています。 t32castはコンパイラに依存せず、ビルドプロセスに簡単に統合できます。

Support

MC/DC カバレッジ

TRACE32は、MC / DCカバレッジを実行するために、ソースコード内でのデシジョンの構造とその位置を把握する必要があります。 コンパイラによって生成されるデバッグ情報ではないので、t32castコマンドツールを使用してこの情報を生成する必要があります。

また、ソースコードレベルの各条件がオブジェクトコードレベルで条件ジャンプによって表される場合、すべての条件に対してトレース情報が確実に生成されていなければなりません。適切にコンパイラを設定することで、実現することができます。



Copyright © 2019 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 04-Mar-2019