TRACE32コードカバレッジ ー データ収集


The embedded tools company
はじめに
インクリメンタルコードカバレッジーすべてのテスト環境に適用可能
制限時間のないライブカバレッジ




Support
テクニカルサポート
 

はじめに


TRACE32はコードカバレッジデータを収集する2種類の方法をサポートしています。
  • インクリメンタルコードカバレッジ: トーレースデータが収集され、繰り返しテスト実行で処理されます。
  • ライブカバレッジ トレースデータは記録中にホストコンピュータにストリーミングされ、ライブコードカバレッジ解析が実行されます。


Support

 

インクリメンタルコードカバレッジーすべてのテスト環境に適用可能


インクリメンタルコードカバレッジの場合、TRACE32ハードウェアベースのツールとTRACE32ソフトウェアのみのツールの両方を使用できます。インクリメンタルコードカバレッジは、すべてのコードカバレッジメトリックをサポートしています。

Support

次の手順を繰り返し実行する必要があります。

1. 記録
プログラムの実行を開始し、トレースデータを固定サイズのトレースメモリに記録します。トレースバッファに空きがなくなると、TRACE32は自動的にプログラムの実行を停止します。

2. アップロード
トレースデータをTRACE32にアップロードし、既存のコードカバレッジデータに追加します。

3. カバレッジ
コードカバレッジ解析を実行し、中間結果を検査します。

 

制限時間のないライブカバレッジ


ライブコードカバレッジでは、トレースデータをパラレルまたは、シリアルトレースポートに記録するためのTRACE32トレースツールが必要です。トレースデータは記録中にホストコンピュータにストリーミングされ、ライブコードカバレッジ解析が実行されます。

Support

ライブコードカバレッジの条件は以下の通りです。
  • サポートされているトレースプロトコル:
    - ETM v3, PTM, ETM v4 for Arm/Cortex,
    - MCDS for Infineon Tricore,
    - Nexus for MPC5xxxx/STM SPC5xx and PPC QorIQ.

  • トレースポートでの平均データ転送速度は、ホストコンピュータへの最大データ転送速度を超えないようにしてください。
  • オブジェクトステートメントカバレッジ、オブジェクトブランチカバレッジ、ステートメントカバレッジ、デシジョンカバレッジがサポートされています。
  • シングルコアおよびSMPシステム、静的プログラムのみに適しています。
  • 記録中のトレースデータの保存が可能です。



Copyright © 2019 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 06-May-2019