CombiProbeMIPI60-Cv2


The embedded tools company

接続
TRACE32デバッグ機能
詳細と構成


CombiProbeMIPI60-Cv2
  ハイライト
デバッグ/システムトレース機能を提供
標準的なJTAG、Intel® debug hooks、I2Cバスをサポート
統合デバッグポートをサポート(デバッグコネクタ毎にJTAGチェイン2個)
サバイバビリティ機能をサポート(閾値、スルーレート等)
システムトレースポートを最大8トレースデータチャネルまでサポート
トレースメモリ:512メガバイト
動作電圧:1.0 V~1.8 V

SMPデバッグ(ハイパースレッディングを含む)
その他アーキテクチャのAMPデバッグ
カスタマイズされたGUIで各UEFIフェーズのBIOS/UEFIデバッグ
Linux/Windows認識デバッグ
ハイパーバイザデバッグ
Intel® Trace Hubライブラリを介してシステムトレースデコーディングをサポート
サポートチップ
 230, 330, APOLLOLAKE, C23XX, C25XX, C27XX, CE2600, CE4200, CE5300, COREI3, COREI3-2NDGEN, COREI3-3RDGEN, COREI3-4THGEN, COREI3-5THGEN, COREI3-6THGEN, COREI3-7THGEN, COREI5, COREI5-2NDGEN, COREI5-3RDGEN, COREI5-4THGEN, COREI5-5THGEN, COREI5-6THGEN, COREI5-7THGEN, COREI7, COREI7-2NDGEN, COREI7-3RDGEN, COREI7-4THGEN, COREI7-5THGEN, COREI7-6THGEN, COREI7-7THGEN, D2500, D2550, D2700, D410, D425, D510, D525, DENVERTON, E381X, E382X, E384X, E620, E620T, E640, E640T, E645C, E645CT, E660, E660T, E665C, E665CT, E680, E680T, GEMINILAKE, N2600, N270, N280, N2800, N28XX, N29XX, N450, N455, N470, N475, N550, N570, QUARKX1000, Z2420, Z2460, Z2480, Z2520, Z2560, Z2580, Z2720, Z2760, Z2780, Z34XX, Z35XX, Z37XX, Z500, Z510, Z510P, Z510PT, Z515, Z520, Z520PT, Z530, Z530P, Z540, Z550, Z560, Z600, Z615, Z625, Z650, Z670


Link Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート
List of Supported Compilers
List of Supported Target Operating Systems
List of Supported UEFIs
List of Supported Hypervisors




 


Configuration of CombiProbe for Intel

左は標準的な構成の例です。右の拡張した構成の例では、オフチップで転送されたIntel®プロセッサーのトレースデータの記録が可能です。

 

接続


Adaptation for CombiProbe MIPI60-Cv2

 

TRACE32デバッグ機能


マルチコアデバッグ
  • 同種または異種のマルチプロセッサ/マルチコアの組み込みアプリケーションデバッグ
  • 高品質の標準デバッガをマルチプロセッサ/マルチコアのデバッグに利用可
  • 全てのTRACE32-ICD デバッガはマルチプロセッサ/マルチコアのデバッグ環境で同時利用可
  • サードパーティーのデバッガへのすばやい対応
  • 単一シリコン上の各プロセッサが同一のデバッグポートをシェア可能
  • スタート/ストップの同期

Debug Support for Unified EFI Bootloader
  • ローダブル・エクステンションによるサポート
  • 全てのUEFIフェーズのデバッグに対応
  • UEFIフェーズ毎にカスタマイズされた画面表示
  • 「デバッグギャップ」のないコンティニュアスソリューション
  • リセットベクタからデバッグ
  • 動的にロードされたドライバをエントリポイントからデバッグ

RTOS デバッガ
  • タスク実行時間の統計的な評価及びグラフィック表示
  • タスクに関連のある関数実行時間評価
  • タスク状態の統計的な評価及びグラフィック表示
  • システムコールの手動実行
  • タスクスタックカバレッジ
  • OSデータ用のPRACTICE関数
  • RTOS に関連のあるプルダウンメニュー
  • タスクを選択デバッグ

ハイパーバイザ認識機能デバッグ
  • ストップモードでシステム全体をシームレスにデバッグ
  • ハイパーバイザ認識機能-ロード可能なデバッグ拡張機能をローターバッハが提供
  • マシンIDによりシステム内の仮想マシンを識別可能
  • マシンIDによりアクティブ/非アクティブな仮想マシンを可視化
  • OS認識機能を各仮想マシンにロード可能

PRACTICE スクリプト言語
  • 構造化言語
  • メニューのサポート
  • コマンドのログ
  • カスタムメニュー
  • ツールバーやボタンのカスタム化
  • ダイアログウインドウのカスタム化
  • 64ビット算術演算
  • 数字、論理、文字列操作
  • システム状態への直接アクセス

 

詳細と構成




Intel、Intelロゴはアメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。



Copyright © 2019 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 06-Mar-2019