Arm® Cortex® -M用TRACE32 CombiProbe


The embedded tools company
標準構成
拡張構成
接続ケーブル


Arm®  Cortex® -M用TRACE32 CombiProbe
  ハイライト
Cortex-M コアを含む、複数のアーキテクチャのコアで構成されるマルチコアマイクロコントローラのデバッグ用途に
セーフティかつ、クリティカルなアプリケーションにおける 2 つの Cortex-M マイクロコントローラの並列動作のデバッグ用途に

デバッグケーブルと 512 MBのトレースメモリ
Arm/Cortex 用の Whisker MIPI20T、Whisker MIPI34 コネクタ対応
MIPI34 Whisker 用、TRACE32 オートフォーカス機能を提供
最大 85 MByte/s の TRACE32 ストリーミング機能
TRACE32 Mixed Signal Probe サポート


Support
テクニカルサポート



 

標準構成


ff_cobcortexm_configuration-1

左の画像は、USB3.0 をホストインタフェースとして使用した TRACE32 の標準的な構成です。右の画像は、ギガビットイーサネットをホストインタフェースとして使用した TRACE32 構成です。

 

拡張構成


ff_cobcortexm_configuration-2

CombiProbe 2用拡張ツール構成

左の画像は、セーフティかつクリティカルなアプリケーションにおいて、2つの Cortex-M マイクロコントローラを並列動作させるために 2つの同一の Whisker コネクタを使用した構成を示しています。右は、TRACE32 の Mixed Signal Probe をコネクタ B に接続した画像です。

 

接続ケーブル


Whisker MIPI20T for Arm/Cortex
  • Support for MIPI20T and MIPI10 pinout
  • Support for standard JTAG, Serial Wire Debug, and cJTAG (IEEE 1149.7)
  • 400 MBit/s per trace channel
  • AutoFocus Self-Calibration for Cortex-M
  • Voltage range 1.2V to 5V

Whisker MIPI34
  • Support for MIPI10, MIPI20T, MIPI20D and MIPI34 pinout
  • Support for standard JTAG, Serial Wire Debug, and cJTAG (IEEE 1149.7)
  • 200 MBit/s per trace channel
  • Voltage range 0.3 V to 3.3 V (5V tolerant)

TRACE32 Mixed Signal Probe
  • デジタル/アナログ信号の記録、プログラムフローとの相関
  • デジタル信号:12チャネル、0V〜5V、200MSamples/s/チャネル、スレッショルド0.1V〜2.5V
  • アナログ信号:シングルエンド電圧 6 チャンネル、-12V - +12V、13ビット分解能、電流センス 2 チャンネル、最大240mVの差動シャント抵抗電圧、1MSample/sの 変換レート




Copyright © 2022 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 08-Mar-2022