Cortex-R用ARMv7デバッガ


The embedded tools company


Cortex-R用ARMv7デバッガ
  ハイライト
オンチップデバッグインタフェースを幅広くサポート
使い易い高級言語/アセンブラレベルデバッガ
全てのコンパイラのオブジェクト形式に対応
RTOS 認識機能
内部/外部周辺レジスタ表示
Flash プログラミング
強力なスクリプト言語
CoreSightコンポーネントに対応(Debug Access Port, Trace Funnel, Trace Port Interface Unit, Embedded Trace Buffer, Cross Trigger Interface, Cross Trigger Matrix)
Debug Access Portを介して、Cross Triggerを止めることなく、システムメモリおよび周辺レジスタに対してリアルタイムアクセス可能
マルチコアデバッグ
マルチプロセッサデバッグ
全TRACE32製品で共通のソフトウェアを使用
高速ダウンロード
PowerPCによるアクティブデバッガ
USB オプション


Link
[www.arm.com]  CoreSight On-chip Debug & Trace IP




DSPとのマルチコアデバッグ



  • HLLåŠã³ASMをフルサãƒãƒ¼ãƒˆ
  • グラフィカルã«å¤‰æ•°ã‚’表示
  • ãƒãƒƒãƒå‡¦ç†
  • ソフトウェアブレークãƒã‚¤ãƒ³ãƒˆæ•°ã«åˆ¶é™ãªã—
  • オンãƒãƒƒãƒ—ブレークãƒã‚¤ãƒ³ãƒˆ
  • マルãƒã‚³ã‚¢ãƒ‡ãƒãƒƒã‚°


消費電力

  • 5 W
 

ターゲットとの接続


Adaptation for Arm® Debug Connector

Target Adaptation for MIPI-10/-20T

 

IDE - 開発環境(GUI)


 

互換 ROM モニタ





 

ソフトウェアトレースツール


ETB Trace
  • 外部ETMトレースã¨ã‚³ãƒ³ãƒ‘ãƒãƒ–ル
  • JTAG経由ã§èª­ã¿å‡ºã—
  • 速度制é™ãªã—
  • コードï¼ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ã®ãƒ•ãƒ«ãƒˆãƒ¬ãƒ¼ã‚¹

 

ハードウェアトレースツール


ロジックアナライザ
  • å…¨ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ã§500MHzã®ã‚¿ã‚¤ãƒŸãƒ³ã‚°ã‚¢ãƒŠãƒ©ã‚¤ã‚¶
  • 最大250MHzã®ã‚¹ãƒ†ãƒ¼ãƒˆã‚¢ãƒŠãƒ©ã‚¤ã‚¶
  • 204入力ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«
  • トランジェントレコーディング
  • 時間相関ã®ã‚ã‚‹RISCトレース
  • ステートクロック用クロックé¸å®šæ©Ÿèƒ½
  • æ··åˆã‚¹ãƒ†ãƒ¼ãƒˆã¨ã‚¿ã‚¤ãƒŸãƒ³ã‚°ãƒ¢ãƒ¼ãƒ‰
  • 4クロック入力
  • MICTOR型プローブã¨æ¨™æº–プローブ
  • MICTOR ディファレンシャルプローブ
  • アナログ電圧/é›»æµãƒ—ローブ
  • 3G/DigRF プロトコルアナライザ

ETM トレース
  • 最大 4GByteトレースメモリ
  • ターゲット電圧 1.2 ~ 3.3 V
  • 5 ns タイムスタンプ
  • プログラムã€ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ãƒˆãƒ¬ãƒ¼ã‚¹
  • パフォーマンス解æž
  • 関数ãŠã‚ˆã³ã‚¿ã‚¹ã‚¯ãƒ¬ãƒ™ãƒ«ã®å®Ÿè¡Œæ™‚間測定
  • コードカãƒãƒ¬ãƒƒã‚¸
  • ETM(Embedded Trace Macrocell), PTM(Program Trace Macrocell)ã«å¯¾å¿œ
  • ETB(Embedded Trace Buffer), TMC(Trace Memory Controller), TPIU(Trace Port Interface Unit)ã«å¯¾å¿œ
  • マルãƒãƒˆãƒ¬ãƒ¼ã‚¹ã‚½ãƒ¼ã‚¹ã«å¯¾å¿œ (CoreSight トレース)




Copyright © 2023 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 09-Jan-2023