ARM9用JTAGデバッガ


The embedded tools company
Adaptation
ソフトウェアデバッガ
Software Trace Tools
ハードウェアトレースツール


ARM9用JTAGデバッガ
  ハイライト
広範囲のオンチップデバッグインタフェースをサポート
わかり易い高級言語及びアセンブラデバッガ
多くのコンパイラに対応
RTOS 認識
内部及び外部ペリフェラルをロジックレベルで表示
FLASH プログラミング
強力なスクリプト言語
オンチップブレークポイントとトリガ機能 (オンチップデバッグインタフェースでサポートされている場合)
マルチコアデバッグ
マルチプロセッサデバッグ
全てのTRACE32ツールにソフトウェア互換
最高 1000 KByte/sec 高速ダウンロード
PowerPC で制御されるアクティブデバッガ
サポートチップ
 88AP128, 88AP162, 88AP166, 88AP168, 88F5082, 88F5180N, 88F5181, 88F5181L, 88F5182, 88F5281, 88F6082, 88F6082-MPU, 88F6082L, 88F6180, 88F6183, 88F6183L, 88F6190, 88F6192, 88F6280, 88F6281, 88F6282, 88F6283, 88F6321, 88F6322, 88F6323, 88F6601, 88F6702, 88FR101, 88FR102, 88FR111, 88FR131, 88FR301, 88FR321, 88FR331, 88FR521, 88FR531, 88FR571, AD6758, AD6900, AM1705, AM1707, AM1802, AM1806, AM1808, AM1810, AM3872, AM3874, AM3892, AM3894, ARM7EJ-S, ARM915T, ARM920T, ARM922T, ARM926EJ-S, ARM940T, ARM946E-S,
> more
 
  はじめに
TRACE32-ICDは、オンチップデバッグインタフェースを幅広くサポートしています。デバッガのハードウェアはユニバーサルな仕様になっているため、ターゲットプロセッサを変更した場合でも、デバッグケーブルとソフトウェアを変更するだけで、異なるターゲットプロセッサに対応することができます。

ARM9 用 JTAG デバッガは、ARM コア開発に最も多く利用されているデバッガの1つです。世界中のほぼ全てのテレコム及び自動車開発チームにおいて本デバッグシステムをご利用頂いております。


Link
Trace for ETM (Embedded Trace Macrocell)




デバッグクロックスピード可変

  • 最高 100 MHz まで可変
  • Support for Adaptive Clocking (RTCK)

Multicore Debugging

Multicore-Debugging with OAK DSPs

  • HLL及びASMをフルサポート
  • グラフィカルに変数を表示
  • バッチ処理
  • ソフトウェアブレークポイント数に制限なし
  • オンチップブレークポイント
  • マルチコアデバッグ


Multicore-Debugging with TI DSPs

  • わかり易い高級言語及びアセンブラデバッガ
  • 多くのコンパイラに対応
  • RTOS 認識
  • 内部及び外部ペリフェラルをロジックレベルで表示
  • FLASH プログラミング
  • 強力なスクリプト言語
  • オンチップブレークポイントとトリガ機能
  • オンチップトレース
  • 高速スナップショットとスポットポイント
  • マルチプロセッサデバッグ
  • マルチコアデバッグ
  • 全 TRACE32 ツールにソフトウェア互換


Multicore-Debugging with LSI DSPs

  • HLL及びASMをフルサポート
  • グラフィカル変数表示
  • バッチ処理
  • オンチップブレークポイント
  • マルチコアデバッグ


消費電力

  • 5 W
 

Adaptation


Adaptation for ARM Debug Connector

Target Adaptation for MIPI-10/-20T/-20D/-34

 

ソフトウェアデバッガ


 

Software Trace Tools


ETB Trace
  • 外部ETMトレースとコンパチブル
  • JTAG経由で読み出し
  • 速度制限なし
  • コード/データのフルトレース

 

ハードウェアトレースツール


Logic Analyzer
  • 全チャンネルで500MHzのタイミングアナライザ
  • 最大250MHzのステートアナライザ
  • 204入力チャンネル
  • トランジェントレコーディング
  • 時間相関のあるRISCトレース
  • ステートクロック用クロック選定機能
  • 混合ステートとタイミングモード
  • 4クロック入力
  • MICTOR型プローブと標準プローブ
  • MICTOR ディファレンシャルプローブ
  • アナログ電圧/電流プローブ
  • 3G/DigRF プロトコルアナライザ

ETM Trace
  • 最大 4GByteトレースメモリ
  • ターゲット電圧 1.2 ~ 3.3 V
  • 5 ns タイムスタンプ
  • プログラム、データトレース
  • パフォーマンス解析
  • 関数およびタスクレベルの実行時間測定
  • コードカバレッジ
  • ETM(Embedded Trace Macrocell), PTM(Program Trace Macrocell)に対応
  • ETB(Embedded Trace Buffer), TMC(Trace Memory Controller), TPIU(Trace Port Interface Unit)に対応
  • マルチトレースソースに対応 (CoreSight トレース)




Copyright © 2021 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 17-Jun-2021