ARM11用JTAGデバッガ


The embedded tools company


ARM11用JTAGデバッガ
  ハイライト
広範囲のオンチップデバッグインタフェースをサポート
わかり易い高級言語及びアセンブラデバッガ
多くのコンパイラに対応
RTOS 認識
内部及び外部ペリフェラルをロジックレベルで表示
FLASH プログラミング
強力なスクリプト言語
ハードウェアブレークポイントとトリガ機能(オンチップデバッグインタフェースでサポートされている場合)
マルチコアデバッグ
マルチプロセッサデバッグ
全てのTRACE32ツールにソフトウェア互換
高速ダウンロード
PowerPC で制御されるアクティブデバッガ
カバレッジ
パフォーマンス解析
USB オプション
サポートチップ
 88SV581X-V6, ARM1136J-S, ARM1136JF-S, ARM1156T2-S, ARM1156T2F-S, ARM1176JZ-S, ARM1176JZF-S, ARM11MPCORE, BCM2835, IMX31, IMX35, IMX351, IMX353, IMX355, IMX356, IMX357, IMX37, MB86H60, MV78130V6, MV78160V6, MV78230V6, MV78260V6, MV78460V6, MXC91131, MXC91231, MXC91321, MXC91323, MXC91331, OMAP2420, OMAP2430, OMAP2431, OMAPV2230, S3C6400, S3C6410, SP2603, SP2606, SP2612, SP2704, SP2716, STA2064, STA2065, STA2164, STA2165
 
  はじめに
ARM11™プロセッサファミリは、現在生産されている大半のスマートフォンに動力を供給するエンジンを提供します。このファミリは、コンシューマー向けアプリケーション、ホームアプリケーション、そして組込みアプリケーションにも幅広く使用されています。

非常に低出力で、小領域設計において350 MHzから最大1 GHzの速度、45nm、65nmの最適化された設計性能を提供します。

TRACE32 JTAGデバッガはマルチコアアプリケーションを含む、ほぼ全種類のチップをサポートします。


Dim
モジュール
Volt
動作電圧
Order
オーダー情報



DSP を含むマルチコアデバッグ



  • HLL及びASMをフルサポート
  • グラフィカルに変数を表示
  • バッチ処理
  • ソフトウェアブレークポイント数に制限なし
  • オンチップブレークポイント
  • マルチコアデバッグ


消費電力

  • 5 W
 
TOP

ターゲットとの接続


Adaptation for ARM Debug Connector

Adaptation for MIPI Debug Connectors (Arm, Cortex)

 
TOP

IDE -IDE - 開発環境(GUI)


 
TOP

ソフトウェアトレースツール


ETB Trace
  • 外部ETMトレースとコンパチブル
  • JTAG経由で読み出し
  • 速度制限なし
  • コード/データのフルトレース

 
TOP

ハードウェアトレースツール


ETM トレース
  • 最大 4GByteトレースメモリ
  • ターゲット電圧 1.2 ~ 3.3 V
  • 5 ns タイムスタンプ
  • プログラム、データトレース
  • パフォーマンス解析
  • 関数およびタスクレベルの実行時間測定
  • コードカバレッジ
  • ETM(Embedded Trace Macrocell), PTM(Program Trace Macrocell)に対応
  • ETB(Embedded Trace Buffer), TMC(Trace Memory Controller), TPIU(Trace Port Interface Unit)に対応
  • マルチトレースソースに対応 (CoreSight トレース)

 
TOP

構 成 例





Copyright © 2018 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033   Impressum     Privacy Policy
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 29-Oct-2018