スヌーパー


The embedded tools company
機能
トレース機能
チャート機能
Snooperによるパフォーマンス解析


スヌーパー
  ハイライト
アプリケーションを実行しながらメモリを採取
特別デバッグコミュニケーションチャンネルをサポート
全てのトレース表示及び解析機能を使用可能
特定の値でトリガー実行
動的なパフォーマンス解析
 
  はじめに
SNOOPER 機能はターゲット実行中に実行にあまりもしくはまったく影響を与えずにデータのサンプルを提供します。 データは指定されたメモリ範囲から読み出すか、特別の通信ポートから (ARM, Super10) 読み出すかしてサンプルされます。

チップ上のデバッグロジックでプログラム実行中のメモリ読み出しをサポートしている場合(68HC12, C166CBC, TRICORE, ColdFire, MPC56x-Nexus, Super10, TI320) トレースはターゲットCPUを停止することなく、またはプログラムの変更をすることなく行えます。


Support
テクニカルサポート



 
TOP

機能





    Snooper は実際の解析装置のようなコントローラです。サンプル周波数はターゲットのインタフェースによります。ターゲットによっては、100000 サンプル/秒 も可能です。トリガシステムは特定の値を監視しターゲットを停止したり、あるパターンの発生を記録できます。
 
TOP

トレース機能





    全てのトレース表示コマンドはサンプルされたデータを各種フォーマットで表示することや、統計的またはグラフィカルなデータの解析に利用できます。Snooper は情報をずっとサンプルします。プロトコル表示のAPI では、複雑な独自の表示や解析機能を組み込めます。トレースされたデータは保存することも比較として用いることも可能です。
 
TOP

チャート機能





    タイムチャートは変数をグラフィカル (各種フォーマットで) にまた、統計情報をグラフィカル (値の分布など) に表示します。
 
TOP

Snooperによるパフォーマンス解析





    Snooper の手法はパフォーマンス解析のプロファイルにも利用されます。 値の分布をダイナミックに表示できます。また、これはタイムチャートとしても表示できます。代用的な使用例としてはアプリケーションの異なるタスクで消費される時間の表示に使われます。



Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016