RTOS デバッガ


The embedded tools company
サポートカーネル
ソフトウェア


RTOS デバッガ
  ハイライト
タスク実行時間の統計的な評価及びグラフィック表示
タスクに関連のある関数実行時間評価
タスク状態の統計的な評価及びグラフィック表示
システムコールの手動実行
タスクスタックカバレッジ
OSデータ用のPRACTICE関数
RTOS に関連のあるプルダウンメニュー
タスクを選択デバッグ
サポートチップ
 AdaWorld ARTK, AMX, Android, ARTX-166, ChibiOS, ChorusOS, CMX-RTX, CMX-TINY, DEOS, DSP/BIOS, ECOS, Elektrobit tresos, embOS, ERCOSEK, Erika, FAMOS, FreeRTOS, HI7000, HIOS, Linux, LynxOS, MicroC/OS-II, MQX, MTOS-UX, NetBSD, NORTi, Nucleus, Nucleus PLUS, OS-9, OS21, osCAN, OSE Basic, OSE Classic, OSE Delta, OSE Epsilon, OSEck, OSEK, OSEKturbo, PikeOS, prKERNEL, ProOSEK, pSOS+, PXROS, PXROS-HR, QNX, QuRT, rcX, RealTime Craft, RTEMS, RTOS/7700, RTX-ARM, RTX166/-tiny, RTX51/-tiny, RTXC 3.2, RTXC Quadros, Rubus OS, RX4000, Sciopta, SDT-Cmicro, SMX, Symbian OS, SYS/BIOS, T-Kernel, ThreadX, uC/OS-II, uC/OS-III, uC3/Compact, uC3/Standard, uCLinux, uITRON, VDK, VRTX32, VRTX80, VRTXmc, VRTXsa, VxWorks, Windows CE, Windows Embedded Compact, Windows Embedded Compact 2013, Windows Embedded Compact 7, Windows Mobile, Windows Phone 7, Windows Standard, XOS
 
  はじめに
TRACE32マルチタクスデバッガは適応性のあるデバッガで、リアルタイムカーネルを使用したターゲットのデバッグが可能です。デバ ッガはエミュレータのインタフェースと完全に統合されています。カーネルのリソースの表示、システムコールの手動実行、タスクを 指定したデバッグおよび多くの高度なリアルタイム解析機能を提供します。解析機能はシンボリックなシステムコールのトレースおよ び詳細なパフォーマンス解析機能を含んでいます。

別のマルチタスクカーネルへの構成変更は特殊なマクロ言語によりコントロールされます。このマクロ定義の変更でほぼどのようなマ ルチタスクカーネルでも対応させることが可能です。よく使われているカーネルに対しては標準の構成が用意されています。またこの マクロ言語は特別なデータ表示をするための独自のウインドウを定義するためにも使うことが可能です。サポートしている機能はカー ネル毎に違っています。全ての機能が全プロセッサ/全カーネルに対してサポートされているわけではありません。


FAQ
よくある質問
Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート



 
TOP

サポートカーネル


多くのカーネルをサポート

  • 多くのOSに標準で対応
  • さらに多くの標準カーネルを準備中
  • どのカーネルにも適応可能

関連 WWW サイト

 
TOP

ソフトウェア


カーネルリソースの表示



  • タスク
  • キュー/セマフォ
  • メモリ使用状況
  • メールボックス
  • 'on the fly' での表示

リソースの詳細

  • 名称またはIDでの選択
  • キューの内容
  • メモリブロック
  • タスクキュー

タスクの CPU 占有時間

  • ひとつのタスクでの時間消化
  • ひとつのタスクへのスイッチ回数
  • 平均実行時間
  • タスクによるCPU占有率
  • ひとつのタスクが他のタスクから割り込まれたときの最大時間

タスクアクティビティのタイムチャート

  • 実行中タスクの表示
  • 他の解析ウインドウとのトラッキング

関数のネスト表示

  • 関数ネスティングのグラフィカル表示
  • タスクスイッチ表示
  • 他の解析表示と結合可能

詳細な関数パフォーマンス解析

  • 関数での消費時間
  • 最小/最大時間
  • 平均時間
  • サブルーチンでの消費時間
  • 関数が他のタスクにより割り込まれた時間
  • 呼び出し回数
  • CPU時間の比率

関数呼び出しツリー解析

  • 関数コールの階層表示
  • サブルーチンでの消費時間

関数のタイムチャート

  • 関数によるプログラムフロー表示
  • 重要プログラム経路での時間浪費部分の確定

タスクの状態解析

  • 状態: 未定義、レディ、実行中、停止、待機
  • 状態の合計時間
  • 最大時間
  • 平均時間
  • 発生回数
  • CPU時間の比率
  • 構成可能な表示

タスク状態のタイムチャート

  • 状態: 未定義、レディ、実行中、停止、待機
  • 優先度問題の発見
  • プログラムの重要経路での浪費時間

システムコールのトレース

  • パラメータ付システムコール
  • タスクの起動
  • システムコールの時間

仮想ターミナル

  • CPUを停止しないアプリケーションとの通信
  • 高速ターミナルエミュレーション
  • ターゲット上のデバッグツールの制御

手動のシステムコール

  • メッセージの送信
  • イベントフラグのセット
  • 特定のターゲット状態のシミュレート

グラフ

  • CPU負荷
  • 一つのタスクによるCPU負荷
  • 一秒あたりのシステムコール、タスクスイッチ、イベント

自在なタイムチャート

  • 任意イベントのグラフィカル表示
  • 外部イベントとカーネル動作の関係
  • 応答時間の表示



Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 31-Oct-2016