TRACE32フローティングライセンス


The embedded tools company
RLMホストIDの取得方法
詳細情報


TRACE32フローティングライセンス
  ハイライト
TRACE32フローティングライセンスに登録するには、RLMホストIDが必要です
 
  はじめに
ローターバッハでは、Reprise License Manger (RLM)を使用して、フローティングライセンスを管理しています。

フローティングライセンスの生成には、お客様側のライセンスサーバのRLM Host IDが必要となります。


Link Support
テクニカルサポート
[www.reprisesoftware.com]  Reprise Software, Inc. - RLM License Admin (End-User) Bundle Download

Lauterbach Certificate (all RLM versions from v9, use like Daemon)




 
TOP

RLMホストIDの取得方法


• RLMライセンスサーバマシン用にRLMソフトウェアをダウンロードの上、インストールしてください。

[LINK]Reprise Software, Inc. - RLM End-User Bundle Download

• RLMホストIDを問い合わせてください。

•  ウェブブラウザから: (注意:稼働しているRLMサーバが必要です!)
Go to "http://<your.license.server>:5054/"
「System Info」をクリックして、12桁の"Ethernet: xxxxxxxxxxxx" rlmhostidを控えてください。



• rlmutilから: ご利用のRLMライセンスサーバマシン上でコマンドシェルを開き、コマンドを呼び出してください。
"[/rlm_installation_path/]rlmutil rlmhostid -ether":

Linuxの表示画面:



Windowsの表示画面:



イーサネットIDが複数ある場合、全て送信してください。
仮想マシンのIDにはライセンスを付与できませんのでご留意ください。
 
TOP

詳細情報


[LINK]Documentation: How to Use TRACE32 Floating Licenses



Copyright © 2017 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 07-Feb-2017