製品倫理


The embedded tools company
ローターバッハの製品概要
ローターバッハ製品について
品質管理
標準化



Product Philosophy

 
TOP

ローターバッハの製品概要


    Product Overview
 
TOP

ローターバッハ製品について


ローターバッハから全て調達可能

    組込み設計におけるエミュレーション、デバッグ、リアルタイムトレーエス、ロジック解析に必要な機器の一式をローターバッハで揃えることが可能です。全てのソフトウェア、ハードウェアモジュールは、ヘーエンキルヒェン・ジーガーツブルンに在るローターバッハ本社で開発されているため、コンポーネント間の最適な統合が保証されます。

オープンシステム

    ローターバッハのシステムでは、ツールチェーンのその他の製品に対応するオープンインターフェースが用意されています。組込み分野おいて名の知れた全てのサプライヤーとの長年の提携により、無比の相互運用を保証します。例えば、TRACE32は実条件の下、広範囲にわたりテストを完了し、数多くのコンパイラ、リアルタイムオペレーティングシステム、ケースツールとの非常に優れた統合を既に実現しています。

全てに対応したオープンインターフェース

    ローターバッハの全製品には、同一のTRACE32PowerViewユーザインターフェースが付属で提供されます。一度トレーニングを受ければ、TRACE32製品群の他のシステムにも容易に移行することができます。

モジュール方式、互換性による長期投資

    ローターバッハのシステムをモジュール方式にしてオープンインターフェースを提供することにより、お客様の投資を保護し、陳腐化の防止を実現しました。第一世代のTRACE32システムは、10年以上も後継デバイスとの互換性を保持してきました。システムは容易に拡張することが可能であり、エントリーレベルのシステムでも低価格で機能拡張し、アップグレードすることができます。

数多くのアーキテクチャをサポート

    いくつかの例外を除きTRACE32は、知名度の高いプロセッサ・アーキテクチャの全てを8ビット〜64ビットまでサポートしています。現代製品の開発サイクルが短縮され、次のプロジェクトには別のプロセッサに変更する必要性が頻繁に生じるため、このローターバッハ製品独自の機能に対するお客様の需要が高まってきています。変更の必要なく、または少し修正を加えるだけで同一ツールの使用が可能であることは、ローターバッハシステムの大きな強みです。今日では、1,000種以上のマイクロコントローラがサポートされています。
 
TOP

品質管理


品質管理 ISO 9001:2008



    専門知識および長年の実績により、ローターバッハは組込み設計において世界のマーケット&テクノロジーリーダーになりました。ローターバッハは独立した非公開の国際企業であり、世界各地で大手企業を顧客に持ちます。TRACE32は、エミュレーション、デバッグ、リアルタイムトレース、ロジック解析のための多数のソリューションを提供し、弊社のシステムの将来的な安全性を保証するために継続して開発を行い、最新のプロセスを採用しています。弊社内での標準は高く、ISO 9001認証に準拠して開発プロセスが保持されていると保証します。私たちは性能の一貫した最適化を目指し、お客様のために長期に渡りその基準を維持していきたいと考えています。

Authorized Economic Operator (AEO) 認定事業者



 
TOP

標準化


    多くのお客様は、オンチップデバッグおよびトレースロジックのより高度な標準化、また、性能に影響を与えずにピンを削減することを望まれています。革新的なデバッグ&トレース技術に積極的に取り組むため、ローターバッハは長年にわたり様々な国際委員会に参加してきました。

AUTOSAR

    当初からローターバッハは、OSEK/ORTI標準を開発した初期グループのメンバーでした。以来、ローターバッハはAUTOSAR/OS環境内で現在使用されているORTIの開発を積極的に推進してきました。

       www.autosar.org

    TRACE32は、ORTI標準を利用してタスク、アラーム等のOSオブジェクトを自動的に検出します。これら全てのオブジェクトの属性を表示するだけでなく、ターゲットアプリケーションへのインスツルメンテーションなしでタスクと関数の詳細な性能解析を実施することができます。私たちは、AUTOSAR (*AUT*omotive *O*pen *S*ystem *AR*chitecture) パートナーシップのオフィシャルパートナーになったことを誇りに思います。AUTOSARパートナーシップにより、最新版のAUTOSAR開発プログラムに準拠し、最新オートモーティブシステムに適したデバッグソリューションを提供します。



Nexus 5001フォーラム

    ローターバッハは、創業以来Nexus 5001フォーラムの会員であり、NEXUS使用に準拠したツールを初めて市場に出しました。

       www.nexus5001.org

    Nexus 5001フォーラム(旧Global Embedded Processor Debug Interface Standard ConsortiumNexus)は、待望されていた組込み制御アプリケーション用の組込みプロセッサデバッグインターフェース標準規格の策定、開発を目的として1998年4月に設立されました。

    Nexus 5001フォーラムの会員は、半導体、開発ツール、自動車エレクトロニクス産業と多岐に渡ります。フォーラムは当初は、自動車パワートレインアプリケーション用のマイクロプロセッサデバッグツールの厳しい要件に重点的に取り組んでいましたが、全体の目標は使いやすく最先端を行く高性能のマイクロコントローラの継続開発でした。

 MIPIデバッグ・ワーキンググループ

    ローターバッハは、MIPIアライアンスのデバッグ・ワーキンググループに参加し、インターフェースの策定から携帯電話向けのデバッグツールにも携わってきました。

       www.mipi.org

    Mobile Industry Processor Interface(MIPI)アライアンスは、モバイル産業のリーディングカンパニーを会員に持つオープンメンバーシップ団体であり、携帯端末のインターフェースのオープン仕様の定義、促進を共有の目的としています。MIPI仕様は、携帯端末システムに搭載されるプロセッサ、ペリフェラル間のハードウェアおよびソフトウェアインターフェースの標準を策定しています。

IEEE P1149.7 ワーキンググループ

    ローターバッハは創立以来IEEE P1149.7ワーキンググループの会員であり、JTAG標準の策定に積極的に携わってきました。

    P1149.7は、省サイズピン、機能強化されたテストアクセスポート、バウンダリスキャンアーキテクチャの標準規格です。

       standards.ieee.org/corpforum

SPRINTフォーラム

    ローターバッハはSPRINTフォーラムに参加し、仮想プロトタイピングのためのAPI標準の策定に携わってきました。



    SPRINTプロジェクトの世界的な目的は、IPの再利用、統合のための効率的な標準、設計技術と共に複雑なSoC設計を習得し、ヨーロッパをシステムオンチップ(SoC)設計における設計生産性、品質の先駆者とすることです。

    MCD API


Power.org

    ローターバッハは、パワーアーキテクチャ・テクノロジ・プラットフォーム「power.org」の会員です。

       www.power.org

    Power.orgの任務は、パワーアーキテクチャ技術をエレクトロニクス産業向けのオープン標準ハードウェア開発プラットフォームとして開発、有効化および促進すること、また、ポジティブなユーザ体験を実現する相互運用の最適化、革新を加速する品質プログラムを管理することです。



Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016