PowerIntegrator - ロジック/バスアナライザ


The embedded tools company


PowerIntegrator - ロジック/バスアナライザ
  ハイライト
全チャンネルで500MHzのタイミングアナライザ
最大250MHzのステートアナライザ
204入力チャンネル
トランジェントレコーディング
時間相関のあるRISCトレース
ステートクロック用クロック選定機能
混合ステートとタイミングモード
4クロック入力
MICTOR型プローブと標準プローブ
MICTOR ディファレンシャルプローブ
アナログ電圧/電流プローブ
3G/DigRF プロトコルアナライザ
 
  はじめに
PowerIntegrator モジュールは、マイクロプロセッサのシステムインテグレーション時に使用されるロジックアナライザシステムの代替となるソリューションです。デバッガソフトウェアを組み込んでいる全ての開発現場において高速ロジック解析をご利用になれます。


Doc
ドキュメント
pi.pdf
( 209k)
Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート



 
TOP

ロジックアナライザ





ARM9ターゲットに接続したデバッガと204チャンネルロジックアナライザ




















シングル MICTOR プローブ

基 本

    PowerIntegrator ロジックアナライザは、マイクロプロセッサシステムインテグレーション用途に特化して設計されています。最高500MHzまでのタイミング解析とステート解析をサポートしています。

高速アップロード

  • 500 KBytes/sec

タイムスタンプユニット(4ns 分解能)

他の全クロック及びシステムのアナライザとの時間相関

他のアナライザと連携してマスタ-スレーブ動作

 
TOP

タイミングアナライザ


入力チャンネル

   2つのタイミング動作モード
  • 102 チャンネルタイミングモード / 500 MHz 1024K レコード
  • 204 チャンネルタイミングモード / 250 MHz 512K トランジェント

要求時間上のトランジェントレコーディング

高いメモリ容量

  • 256K 低スピードタイミングトランジェント、ステートエッジ

チャンネルごとにトランジェント検出感度を設定可能

 
TOP

ステートアナライザ


入力チャンネル

   4つの動作モード:
  • 204 チャンネルステートモード ─ 200 MHz 512K Trace (clock A または B)
  • 102 チャンネルステートモード ─ 200 MHz 512K Trace (clock A または B) ダブルデータレート
  • 102 チャンネルステートモード ─ 200 MHz 512K Trace (clock A または B)
  • 102 チャンネルステートモード ─ 200 MHz 512K Trace (clock J または K)
  • クロックエッジの立上り、または立下りでサンプリング

デバッガソフトウェア上に統合化

複雑なバストリガ

 
TOP

トリガ


シンプルトリガ

  • 各入力ごとに1つの複合コンパレータ(HIGH, LOW, RISING, FALLING, DON'T CARE)
  • トリガ条件用に1個以上のクロックエッジを選択可能
  • タイミング表示ウィンドウで直接設定

コンプレックストリガ

  • 自由にプログラム可能な4レベルのトリガシーケンサ

トリガイベント

  • それぞれのトリガレベルにおいてHIGH, LOW, DON'T CARE 及び RANGEで指定可能な2つの64bitトリガコンパレータ
  • 32bitレンジの8アドレスセレクタ

4トリガレベル

  • 4 グローバルイベント

トリガフィルタ

  • 2.5 us まで

3つの再トリガ可能な44bitカウンタ

  • 時間ウィンドウ定義

スコープ用トリガ出力

バストリガライン経由のトリガ

プログラマブルトリガ及び0~1000%のプリトリガディレー

プログラマブルトリガ及び0~1000%のプリトリガディレー

その他のシステムユニットのトリガ

トリガ入力

  • BUS
  • External
  • Trigger mode
    • High
    • Low
    • Rising
    • Falling
 
TOP

フォーマット


様々な保存フォーマット

  • バイナリ
  • VHDL
  • ベリログ
 
TOP

プロトコルサポート


プロトコル解析



  • CAN サポート
  • USB サポート
  • I2C サポート
  • JTAG サポート
  • ASYNC サポート
  • ユーザ定義プロトコル


 
TOP

逆アセンブラサポート


  • バストレース動作解析用に多くの逆アセンブラを選択できます.
 
TOP

プローブ


MICTOR プローブ


  • 34 チャンネル MICTOR プローブ (32 データ, 2 クロック)
  • 17信号ごとにスレッショルドレベルを設定可(16 データ, 1 クロック)
  • 0.1 ~ 5.0 V
  • 50 KOhm/4 pF 0 ~ 5 V (プローブ補正)
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
N/C12N/C
GND34N/C
CLKA56CLKB
A1578B15
A14910B14
A131112B13
A121314B12
A111516B11
A101718B10
A91920B9
A82122B8
A72324B7
A62526B6
A52728B5
A42930B4
A33132B3
A23334B2
A13536B1
A03738B0
    
Connect Pin 39,40,41,42 and 43 to GND





MICTOR 差動クロックプローブ


  • 33 チャンネル MICTOR プローブ (32 データ, 1 クロックペア)
  • 16信号ごとにスレッショルドレベルを設定可
  • 0.1 ~ 5.0 V
  • 50 KOhm/4 pF 0 ~ 5 V (プローブ補正)
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
N/C12N/C
GND34N/C
CLK+56CLK-
D1578D31
D14910D30
D131112D29
D121314D28
D111516D27
D101718D26
D91920D25
D82122D24
D72324D23
D62526D22
D52728D21
D42930D20
D33132D19
D23334D18
D13536D17
D03738D16
    
Connect Pin 39,40,41,42 and 43 to GND





MICTOR 差動プローブ


  • 17 チャンネル MICTOR プローブ (16 データペア, 1 クロックペア)
  • 0.1 ~ 5.0 V
  • 50 KOhm/4 pF 0 ~ 5 V (プローブ補正)
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
N/C12N/C
GND34N/C
CLK+56CLK-
D15+78D15-
D14+910D14-
D13+1112D13-
D12+1314D12-
D11+1516D11-
D10+1718D10-
D9+1920D9-
D8+2122D8-
D7+2324D7-
D6+2526D6-
D5+2728D5-
D4+2930D4-
D3+3132D3-
D2+3334D2-
D1+3536D1-
D0+3738D0-
    
Connect Pin 39,40,41,42 and 43 to GND





SAMTEC プローブ


  • 34 チャンネル SAMTEC プローブ (32 データ, 2 クロック)
  • 17信号ごとにスレッショルドレベルを設定可(16 データ, 1 クロック)
  • 0.1 ~ 5.0 V
  • 50 KOhm/4 pF 0 ~ 5 V (プローブ補正)
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
GND12GND
N/C34N/C
GND56GND
D1678D0
GND910GND
D171112D1
GND1314GND
D181516D2
GND1718GND
D191920D3
GND2122GND
D202324D4
GND2526GND
D212728D5
GND2930GND
D223132D6
GND3334GND
D233536D7
GND3738GND
D243940D8
GND4142GND
D254344D9
GND4546GND
D264748D10
GND4950GND
D275152D11
GND5354GND
D285556D12
GND5758GND
D295960D13
GND6162GND
D306364D14
GND6566GND
D316768D15
GND6970GND
N/C7172N/C
GND7374GND
N/C7576N/C
GND7778GND
CLK17980CLK0
GND8182GND
N/C8384N/C
GND8586GND
N/C8788N/C
GND8990GND
N/C9192N/C
GND9394GND
GND9596GND
N/C9798N/C
N/C99100N/C
    





SAMTEC 差動クロックプローブ


  • 33 チャンネル SAMTEC プローブ (32 データ, 1 クロックペア)
  • 16信号ごとにスレッショルドレベルを設定可
  • 0.1 ~ 5.0 V
  • 50 KOhm/4 pF 0 ~ 5 V (プローブ補正)
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
GND12GND
N/C34N/C
GND56GND
D1678D0
GND910GND
D171112D1
GND1314GND
D181516D2
GND1718GND
D191920D3
GND2122GND
D202324D4
GND2526GND
D212728D5
GND2930GND
D223132D6
GND3334GND
D233536D7
GND3738GND
D243940D8
GND4142GND
D254344D9
GND4546GND
D264748D10
GND4950GND
D275152D11
GND5354GND
D285556D12
GND5758GND
D295960D13
GND6162GND
D306364D14
GND6566GND
D316768D15
GND6970GND
N/C7172N/C
GND7374GND
N/C7576N/C
GND7778GND
CLK-7980CLK+
GND8182GND
N/C8384N/C
GND8586GND
N/C8788N/C
GND8990GND
N/C9192N/C
GND9394GND
GND9596GND
N/C9798N/C
N/C99100N/C
    





標準プローブ


  • 17 チャンネル
  • スレッショルドレベルを設定可 (16 データ, 1 クロック)
  • 0.1 ~ 5.0 V
  • 50 KOhm/4 pF 0 ~ 5 V (プローブ補正)


Signal

Pin

 Pin

Signal

    
N/C12N/C
CLK34D15
D1456D13
D1278D11
D10910D9
D81112D7
D61314D5
D41516D3
D21718D1
D01920GND
    



アナログプローブ


  • 4 電圧チャンネル, 12 bit 0 ~ 5 V, 1 MOhm
  • 3 電流チャンネル, 5% 精度, 要外部シャント
  • 625KByte/sec サンプルレート

Signal

Pin

 Pin

Signal

    
I2-12GND
I2+34GND
I1-56GND
I1+78GND
I0-910GND
I0+1112GND
V31314GND
V21516GND
V11718GND
V01920GND
    



USB2 プローブ


  • USB2 および USB1.x プロトコルの記録
  • フィルタ, トリガ および PIDレベル表示



DigRF プローブセット


  • 3G/DigRF 用プローブセット (3つ1組)
  • 差動 RX
  • 差動 TX
  • シングルエンド SysClkEna
  • シングルエンド ANY (自由に使用可)
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
RX+12GND
N/C34N/C
RX-56GND
    
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
TX+12GND
N/C34N/C
TX-56GND
    
Signal

Pin

 Pin

Signal

    
CLKEN12GND
N/C34N/C
SYSCLK56GND
    



DRAM アダプタ


  • 184 Pin DIMM
  • 144 Pin SO_SDRAM
  • 200 Pin SO_DDR
  • 200 Pin SO_DDR2

Adaptions for PowerIntegrator



  • 評価ボード用設定ファイル
  • セットアップスクリプト





ボードアダプタ


  • Tektronix および Agilent 接続用アダプタ



Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 27-Oct-2016