パフォーマンスアナライザ


The embedded tools company


パフォーマンスアナライザ
  ハイライト
関数レベルでの長時間パフォーマンス解析
タスクレベルでの長時間パフォーマンス解析
変数やメモリ内の値を長時間にわたり計測、解析


Support
テクニカルサポート



 
TOP

関数のパフォーマンス解析




どの関数が最も多くのプロセッサ処理を要しているのかを表しています.

その他の解析機能

  • 高級言語ベースでのパフォーマンス解析
  • モジュールベースでのパフォーマンス解析
  • 定義済みコード範囲(S10, S100, S1000)でのパフォーマンス解析
  • パフォーマンスプログラミングファイルを使用してのユーザ定義コード範囲ベースでのパフォーマンス解析
 
TOP

タスクのパフォーマンス解析




どの関数が最も多くのプロセッサ処理を要しているのかを表しています.  
TOP

変数の解析




実行時間ベースでの全変数の解析

その他の解析機能

  • 実行時間軸でのあるメモリ位置の内容のパフォーマンス
 
TOP

計測手法


パフォーマンス解析用のデータは様々な計測方法を用い、データ採取を行っています。それぞれの方法はご使用のTRACE32開発ツールによって異なります。

TRACE32-ICD インサーキットデバッガ

    10[ms]ごとにデータ採取を行う統計的な計測方法.

TRACE32-ICD インサーキットデバッガ + RISC Trace モジュール、または TRACE32-PowerTrace

    2[ms]ごとにデータ採取を行う統計的な計測方法.

TRACE32-FIRE

    100[us]ごとにデータ採取を行う統計的な計測方法.

TRACE32-ICE

    TRACE32-ICE には 64 カウンタ配列があり、それぞれのカウンタはある特定の関数、モジュール、タスク内での時間をカウントするために使われます。各カウンタの分解能は 1[us] です。

    64個以上の関数、モジュール、タスクを解析する場合には、スペシャルスキャンモードを使います。スキャンモードでは、TRACE32-ICE は関数、モジュール、タスクの中から最も時間のかかったものを32個分算出します。
 
TOP

キャッシュ解析


トレースベースのキャッシュ解析
  • 全てのマイクロコントローラに対応したベーシックサポート
  • ARMアーキテクチャ用高度なサポート
  • 命令/データキャッシュ使用の最適化
  • バス転送ボトルネックの検出
  • コード最適化効果を検証
  • 各種キャッシュサイズ効果をシミュレーション
  • 多様なグラフ、数値表示




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 27-Oct-2016