News - テキサス・インスツルメンツ社のEmbedded Vision Engine (EVE)のサポートを開始


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 17-Aug-2016


テキサス・インスツルメンツ社のEmbedded Vision Engine (EVE)のサポートを開始

ローターバッハ社のTRACE32® ツールに、TI社の先進運転支援システム向けデバイスファミリ、TDA2x/TDA3x/DRA7xに搭載されるEmbedded Vision Engine (EVE)へのサポートが新たに追加されました。


2016年8月 ヘーエンキルヒェン=ジーガーツブルン

マイクロプロセッサ開発ツールのトップメーカーであるローターバッハ社は、ローターバッハ社の定評のあるTRACE32に新たなデバッグ機能が追加されたことを発表しました。 この追加機能により、TDA2x/TDA3x/DRA7xデバイスに搭載されるビジョン最適化処理エンジンであるEVE内で、ARP32コアのデバッグが可能になりました。

ローターバッハ社のTRACE32は、組込み設計用の統合デバッグ環境を提供する、モジュール型マイクロプロセッサ開発ツールセットです。ARM Cortex-A 15、Cortex-M 4コア、ARP32 RISCプロセッサ、TI C6000 DSPなどの複雑なチップに対応したツールは、インタラクション、制御ルーチンや、複雑な画像処理アルゴリズムのデバッグにおいて必要不可欠です。

ローターバッハ社のインターナショナルセールス/マーケティングマネージャーを務める Norbert Weiss は、「ローターバッハは、長年にわたり、TI社のマルチコアデバイスをサポートしてきました。オートモーティブテクノロジの最前線で従事する開発者に業界トップのツールを提供します。マルチアーキテクチャのデバッグソリューションを求める声は、これまでにも多くありました。このたび、お客様の要望を実現することができ、うれしく思います」と述べています。



Additional Information
Debugger for ARP32



Copyright © 2016 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 17-Aug-2016