News - ローターバッハ社:Marvell ARMADAエコシステムに参加


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 17-Mar-2016


ローターバッハ社:Marvell ARMADAエコシステムに参加

2016年3月 ヘーエンキルヒェン=ジーガーツブルン

マイクロプロセッサ開発ツールのトップメーカーであるローターバッハ社は、ARMADA®システムオンチップ(SoC)製品のMarvellエコシステムへの参加を発表しました。

高性能と高いスケーラビリティを備えたマルチコアCPU技術を基に、ARMADA SoCファミリは、制御プレーンCPU、IPアプライアンス、ストーレッジエッジ、ルーター、セキュリティアプライアンスといった大企業向けアプリケーション、また、中小企業(SME)向けルーター、ネットワーク接続ストーレッジ(NAS)、ホームゲートウェイ、IoT ハブ、ワイアレスルーター、Wi-Fiアクセスポイント(WAP)、監視映像記録装置等、高性能ネットワーク製品においてこれまでになかった新しいレベルの性能、統合、および効率性を実現します。64ビットARMv8アーキテクチャによるARMADA 3700 Cortex-A53デバイスファミリ、および、MoChi(Modular CHIp)/FLC(Final-Level Cache) アーキテクチャベースのARMADA 7K、ARMADA 8K Cortex-A72デバイスファミリは、新しいレベルの性能と消費電力の最適化を実現したデバイスを提供します。

業界最高峰のデバッグソリューションを提供するローターバッハ社のツールで開発環境を構築することにより、Marvell ARMADA SoCファミリの性能をさらに引き出すことができます。また、OS認識に伴う複雑なマルチコアデバッグシナリオの構築にも役立てることができます。




Additional Information
ARMv8 Debugging



Copyright © 2016 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 17-Mar-2016