News - TRACE32®-Simulink®用PILのサポートを開始


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 27-Jan-2016


TRACE32® supports PIL for Simulink®

2016年1月 ヘーエンキルヒェン=ジーガーツブルン
マイクロプロセッサ開発ツールのトップメーカーであるローターバッハ社は、Simulink用のプロセッサ・イン・ザ・ループ(PIL)の拡張サポートを開始したことを発表しました。

PILは、ユニットテスト間にエラーや設計上の欠陥を初期に検出するために使用される強力なツールです。PILを使用すると、本番ターゲット環境に可能な限り近似させたテスト環境で、ソフトウェアユニットを検証することができます。モデルレベル検証からのテストケースは、モデルおよびオブジェクトコードの機能の等価性を確保し、再利用することができます。

TRACE32 PILは、完全に統合されたSimulink用のプラグインです。SimulinkはPILテストの設定を効率化するためのカスタマイズ可能なワークフローを実装しています。また、ソースコードレベルでの自動インターフェース解析を含めた従来の手法の拡張版であり、既存の発環境を使用することができます。

このユニバーサルな手法は、コード生成プロセスから独立しているため、自動生成/手動記述コードの両方がサポートされます。TRACE32との組み合わせにより、数多くの異なるターゲットプラットフォームをサポートし、プラグアンドプレイターゲットサポートを提供します。加えて、TRACE32の各種機能がモデルベーステスト間中に使用できるようになります。TRACE32 PILは、従来のツールチェーンにシームレスに統合することができ、様々なビルトインツールチェーンをサポートします。

Additional Information
/intsimulink_j.html



Copyright © 2016 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 27-Jan-2016