News - TRACE32®-Freescale® S32Vプロセッサ・ファミリのサポートを開始


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 07-Dec-2015


TRACE32®-Freescale® S32Vプロセッサ・ファミリのサポートを開始

2015年12月 ヘーエンキルヒェン=ジーガーツブルン
マイクロプロセッサ開発ツールのトップメーカーであるローターバッハ社は、Freescale® S32Vプロセッサ・ファミリのサポートを開始したことを発表しました。

S32Vプロセッサ・ファミリは、ARM Cortex®-Aコアおよび、APEX画像認識処理コアが統合されており、画像処理用の計算集約型アプリケーションをサポートします。 ローターバッハ社のTRACE32ツールは、ARM Cortexコアを以前よりサポートしてきました。APEXアーキテクチャのサポートも開始された今、S32Vプロセッサのデバッグ&トレースをフルサポートすることが可能となりました。標準JTAGインターフェースを経由して、実行制御、OSサポート、マルチコアデバッグ、オンチップトレースを含むデバッグプロセス全体にわたり、迅速で効果的なS32Vプロセッサ・デバッグ機能を提供します。デバッグツールへの接続は、USB 3.0または高速なイーサネットポート経由で行われます。TRACE32 Power Viewソフトウェアは、効率的かつユーザーフレンドリーなC/C++用高級言語(HLL)デバッグ機能を提供します。

TRACE32のトレースツールは、複数のターゲットコアを統合されたトレースポートに接続し、プログラムフロー情報をコアから直接リアルタイムで記録します。この記録機能により、開発者は実実行環境下でのみ生じる複雑なエラーを迅速かつ論理的に検出することができます。さらに、タイムスタンプが付いたプログラムフローによる システム性能解析だけでなく、コードカバレッジ、キャッシュ解析等のソフトウェア品質評価機能も提供します。

フリースケール社のグローバルADASプロダクトラインマネージャー、David Santo氏は次のように述べています。「S32Vビジョン・プロセッサ・ファミリは、先進運転者支援システム(ADAS)アプリケーション用の車載グレード性能を提供します。フリースケール社は、世界最高クラスのデバイスで、直感的な、統合された開発/実現化体験を開発者に提供すべく尽力しています。TRACE32ツールに統合されているCortex/APEXコアに対応したヘテロジニアスデバッガサポートは、フリースケール社の実現化/テクノロジ・リーダーシップの中心となる重要な取り組みです」

Additional Information
/bdmapex.html



Copyright © 2015 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 07-Dec-2015