News - µTrace®-NXP社LPC54100マイクロコントローラシリーズのサポート開始


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 19-Jan-2015


µTrace®-NXP社の新しいLPC54100マイクロコントローラシリーズのサポートを開始

2015年1月 ドイツ ヘーエンキルヒェン・ジーガーツブルン マイクロプロセッサ開発ツールのリーディングカンパニーであるローターバッハ社は、NXP社の新しいマイクロコントローラシリーズ、LPC54100のサポートを発表しました。

NXP社から新たに発表されたLPC54100マイクロコントローラシリーズは、業界最高レベルの電力効率を実現し、常時ON状態にあるセンサーベースの製品に最適です。

ローターバッハ社は、Cortex®-Mベースプロセッサ用デバッグ&トレースツールとして定評のあるµTrace®の発売以来、LPC54100マイクロコントローラシリーズをサポートしてきました。ツールはUSB3.0でホストに接続、シリアルワイヤデバッグ(SWD)インターフェースでLPC54100に接続します。開発者は簡易/複雑ブレークポイントを設定してプログラム動作を制御し、データをCおよびC++言語で解析することができます。電流・電圧測定値からエナジープロファイリングを行うために、µTraceにアナログプローブを取り付ける事もできます。これにより、開発者は電力消費を最小限に抑えるようにソフトウェアを微調整することができます。
LPC54100シリーズは、非対称型デュアルコアアーキテクチャを採用しており、Cortex-M0+/Cortex-M4Fをそれぞれ別のセンサー処理タスクに使用して、電力消費効率を最適化し、スケーラブルな有効電力とパフォーマンスを実現しています。µTraceは、コア毎にTRACE32インスタンスを実行することで、非対称型マルチプロセッシング(AMP)デバッグをフルサポートしています。

「µTraceの機能の数々は、LPC54100ファミリを理想的な形で補助してくれるため、お客様は常時ON状態にある製品の最適化を実現することができます。ローターバッハ社のツールがLPC54100マルチコアアーキテクチャに提供するサポートにより、開発者はこのデバイスファミリの機能を最大限に活用するためのデバッグ機能が利用できます」と、NXP社のツール、組込みエコシステム部門の取締役、Brendon Slade氏は述べています。


Additional Information
Supported processors for NXP



Copyright © 2015 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 19-Jan-2015