News - Vector Software社-TRACE32®開発ツールシリーズとの高度な統合を発表


The embedded tools company






Höhenkirchen-Siegertsbrunn, 27-May-2015


Vector Software社がローターバッハ社の強力なTRACE32®開発ツールシリーズとの高度な統合を発表

VectorCASTテスト自動化プラットフォームとローターバッハ社のTRACE32の統合により、RAM容量に制約のある組込みシステムから実質的に無制限の量のテストデータを収集することが可能になりました。

2015年5月 ドイツ ヘーエンキルヒェン・ジーガーツブルン/アメリカ合衆国 ロードアイランド州 プロビデンス
組込みソフトウェアの品質保証のための革新的なソフトウェアソリューションを提供する、世界をリードするソリューションプロバイダ、Vector Software社は、ローターバッハ社のTRACE32製品との高度な統合を発表しました。開発、テスト、認証部門において、主要なテスト自動化プラットフォームであるVectorCASTを使用してRAM容量に制約のある組込みシステムから実質的に無制限の量のテストデータを継続収集することができるようになりました。

この最新の統合は、ソフトウェアの品質および業界コンプライアンスが非常に重視される航空宇宙産業、防衛産業、自動車産業、医療機器、産業管理、商業環境において従事されるお客様に有用です。 Vector Software社の開発チームは、ローターバッハ社と同社のIEEE Std. 1149.1-1990やIEEE-ISTO 5001-2003 NEXUSに準じたTRACE32ツールと密接に連携をとっています。

データ駆動型のVectorCASTのユニットテスト自動化と構造的なコードカバレッジにより、テスト自動化プラットフォームは、10万~100万回以上のサイクルが求められるテストケースデータのあらゆる状況でターゲット側の必要メモリを最小限に抑えます。VectorCASTとTRACE32の統合機能は、マイクロプロセッサ関連ではARM、MIPS、Freescale/NXP、Fujitsu、Intel、AMD、TI(Herculesを含む)、ST-Micro、さらにAnalog DevicesのDSPやAltera、Xilinxに代表されるCPLDなど各種のデバイスを搭載するハードウェアに対応します。

「私たちは、TRACE32製品に実装された機能がVectorCASTで活用されることを大変楽しみにしております。この強化により、最も厳しいシナリオにおけるデバッグ能力が顕著に向上されます」とローターバッハ社のソフトウェア開発者、Rudolf Dienstbeckは述べました。

「ローターバッハ社のTRACE32とVectorCASTテスト自動化プラットフォームに新しく実装された機能により私たちは、お客様の組込みシステムに時間と空間という全く新しい二つの次元を開発の武器として加えることができました」と、Vector Software社のCOO、Bill McCaffrey氏は述べました。




Copyright © 2015 Lauterbach GmbH, Altlaufstr.40, D-85635 Höhenkirchen-Siegertsbrunn, Germany  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice. Report Errors
Last generated/modified: 27-May-2015