MMU サポート


The embedded tools company


MMU サポート
  ハイライト
プロセッサMMUと完全に統合されたサポート
プロセッサMMUレジスタの表示
MMUテーブルエントリーの表示
アドレス変換テーブルの表示
デバッガ内部にMMUアドレス変換をシャドーイング
ターゲットリソースへの仮想/物理アクセスが常時可能
書き込み禁止領域への書き込みアクセスが任意で可能
オペレーティングシステムが構築したソフトウェアMMUテーブルの検出およびデコーディング
複数のユーザースペースのMMUテーブルを並行してサポート
CTS経由でTLBコンテクストトラッキングおよびgit統計


Support
テクニカルサポート



 
TOP

プロセッサMMUと完全に統合されたサポート



    デバッガは、キャッシュ、TLB、PET、変換テーブルを含む、各プロセッサのMMUプロセッサに組み込まれているものすべてをサポートします。
 
TOP

プロセッサMMUレジスタの表示


内部MMUレジスタの一覧を表示

MMUレジスタに簡単にアクセス、変更が可能







 
TOP

MMUテーブル項目の表示



    デバッガはMMUテーブル全体にわたりウォークスルー、アドレス変換、アクセスフラグ、許可ビットなどを表示します。

 
TOP

アドレス変換表の表示



    ターゲットに現在設定されている仮想アドレスから物理アドレスの変換の一覧を表示します。








 
TOP

デバッガ内のMMUアドレス変換のシャドーイング


デバッガはターゲットのMMUテーブルのコピーを保存

アドレス変換のクイック・レファレンス

仮想/物理アドレスへの高速アクセス

ターゲットのMMUテーブルが不完全である場合やMMU項目がプロセッサから隠れている場合でも 仮想アドレスにアクセス可能

バストレースの逆変換


 
TOP

ターゲットリソースへの仮想/物理アクセスが常時可能


物理アドレスに常時アクセス可能

仮想アドレスに常時アクセス可能

仮想/物理アドレスの同時使用が可能

 
TOP

書き込み禁止領域への書き込みアクセスが任意で可能


書き込み禁止領域メモリへのデバッガによる書き込みを禁止する、または

書き込み禁止領域メモリへのデバッガによる書き込みを許可することが可能

  • ソフトウェアのブレークポイントを有効にする場合
  • パッチングを許可する場合
  • データを変更する場合

ターゲットのアプリケーションのために用にメモリ領域は書き込み禁止の状態

 
TOP

オペレーティングシステムが構築したソフトウェアMMUテーブルの検出および解読



デバッガはOS固有のMMUテーブルを認識しウォークスルー

現在、Linux、QNX、Windows CE、Symbian OS、CHORUSに対応



 
TOP

複数のユーザースペースのMMUテーブルを並行してサポート





デバッガは複数のプロセスのMMUテーブルを一度にサポート

複数のユーザープロセスに一度にアクセス可能

同一仮想アドレスを共有するプロセスをサポート。その際に異なる物理アドレスを使用

  • プロセス1のデバッグ、プロセス2のブレークポイントの設定、プロセス3の変数の監視をすべて同時に行えます。




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016