MMU サポート


The embedded tools company
特長




Support
テクニカルサポート
TOP

特長



Support

メモリ管理は、マルチタスク環境において不可欠な機能です。 メモリ管理ユニット(MMU)は、仮想アドレスを物理メモリアドレスに変換するために使用されます。 OSカーネルは、各ユーザプロセスに独自の仮想アドレス空間を提供します。

現代のプロセッサは、OSレベルでのメモリ抽象化に加えて、すでにハイパーバイザレベルのメモリ管理をサポートしています。 ハードウェア支援による仮想化機能の導入により、プロセッサには2段階のMMUと複数のシステムMMUが搭載されています。

一言で言えば、MMUはOSとハイパーバイザの両レベルで集中的に使用されています。 複雑化が進み、組込みシステムの開発者の作業は難しくなっています。

TRACE32のMMUとシステムMMUの認識機能により、アプリケーションのデバッグは容易になります。 詳細については、下記のリンクをご参照ください。

Standard

Virtualized Systems





Copyright © 2017 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 03-Oct-2017