Cortex-M 用 uTrace


The embedded tools company
特長
技術資料
ターゲット接続
IDE - 統合開発環境


KINETIS Pelican STELLARIS STELLARISSTELLARIS

Cortex-M 用 uTrace
  ハイライト
1000種類以上のCortex-Mベースのデバイスをサポート
高級言語およびアセンブラデバッグ
USB3ホストコンピュータインタフェース
標準的なJTAG, Serial Wire Debug, および cJTAG (IEEE 1149.7)
256MByteトレースメモリ
10/20/34ピンハーフサイズコネクタターゲット接続および各種変換アダプタ
動作電圧 0.3 ~ 3.3[V] (5Vまで許容)
サポートチップ all Cortex-M based devices.
 ACTEL, AD, ARM, ATMEL, CYPRESS, ENERGYMICRO, INFINEON, LUMINARYMICRO, MAXIM, MICROSEMI, NORDICSEMI, NXP, RENESAS, SAMSUNG, SILICONLABS, STM, TI, TOSHIBA

 
  はじめに
uTraceは、組込み分野で急速に普及・拡大しているCortex-Mプロセッサに対応するオールインワンデバッグ&トレースソリューションです。Cortex-Mファミリ専用モジュールとすることで、高性能、高機能かつ低価格を実現しています。


Link Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート
µTrace® Tutorial: Intelligent Debugging and Tracing for Cortex™-M
Live-Recordings from ARM® Cortex™-M Expert Day 2014
[www.elektroniknet.de]  Energy profiling with uTrace




 
TOP

特長


デバッグ機能

  • C/C++デバッグ
  • シンプルおよび複雑なブレークポイント
  • プログラム実行中のメモリへのRead/Write
  • Flashプログラミング
  • OS認識デバッグ
  • 2個以上のCortex-Mコアのマルチコアデバッグ

トレース機能

  • 4-bit ETMv3 コンティニュアスモード
  • TPIU および Serial Wire Output経由でITM
  • マルチコアトレース
  • 長時間トレースを行うためホストコンピュータへトレース情報をストリーミング(USB3.0インタフェースにより100Mbyte/s転送速度を実現)
  • タスク/関数の実行時間測定
  • コードカバレッジ解析
  • TRACE32アナログプローブで電力測定
 
TOP

技術資料


CortexTM-M用インテリジェントデバッグ&トレース  
TOP

ターゲット接続


Adaption for µTrace

 
TOP

IDE - 統合開発環境





Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 27-Oct-2016