ロガー


The embedded tools company
特長
Function


Picture
  ハイライト
ターゲット上で並列構造状に蓄積された全てのサイズのソフトウェアトレース
TRACE32-PowerViewの一般的なトレース形式
TRACE32-PowerViewの構成及び表示コマンド
アドレス及びデータ情報を持つトレースとして動作
プログラムフロートレースとして動作(SH4, PowerPC)
タイムスタンプ利用可
弊社製のトレースを満たす定義済みアルゴリズム
トレースを満たすユーザー定義アルゴリズム
 
  はじめに
ロガーはターゲットを利用したソフトウェアトレース機能を提供します。 実際のトレースバッファを使うのではなくターゲットRAM上の配列構造体にトレースデータを記録します。 この配列への記録はコードへのインスツルメントにより行われます。汎用の事前定義されたフォーマットを使用することでトレースの表示や解析に全てのTRACE32 のコマンドを利用できます。 代表的なロガー機能の利用法はRTOSタスクスイッチのトレースと解析です。


Support
テクニカルサポート
TOP

特長





TOP

Function


The LOGGER description block describes the general trace format that is used by the logger feature.





The software trace provided by the LOGGER feature can work as address/data trace. The trace is filled by instrumenting the code.





The software trace provided by the LOGGER feature can work as a program flow trace on architctures which provide a "branch trace" capablity, like all PowerArchitecture/PowerPC families and the SuperH SH4. In this case the program flow trace can be made without modifiying the code.





For the time stamp a CPU counter can be used (e.g. Performance Counter on the SH4,Time Base on the PowerPC).




Copyright © 2010 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 29-Jun-2010