TRACE32: Wind River Workbenchへの統合


The embedded tools company
統合環境
設定


TRACE32: Wind River Workbenchへの統合
  ハイライト
ターゲットコミュニケーションフレームワーク(TCF)ベースの統合機能
TRACE32はTCFエージェントとして作動
多様な起動方法に対応
全てのデバック関連TCFサービスをサポート
TRACE32とWind River Workbench TCF C/C++デバッガ間の同期デバッグ
複数プロジェクト(マルチコア)に対応
全てのTRACE32ツールで利用可
TRACE32がサポートする各種プロセッサ・アーキテクチャに適用
TRACE32がサポートする各種コンパイラに適用


Link Support
テクニカルサポート
[www.eclipse.org]  Eclipse Home
[www.eclipse.org]  TCF Framework
Video: TRACE32 Integration to the Wind River Workbenchョ




 
TOP

統合環境




上記画像は典型的な設定の例です。TRACE32ハードウェアベースのJTAGデバッガを制御するTRACE32ソフトウェアは、TCFエージェントとして起動します。このエージェントはWind River Workbenchの中でTCF C/C++ デバッガがリクエストする各種TCFサービスが確実にJTAGコマンドに変換され、ターゲットに送信されるようにします。
 
TOP

設定


TRACE32がTCFエージェントとして起動した場合、Wind River Workbench内のTCF C/C++デバッガのTCF検出メカニズムによりTRACE32が自動検出されます。

ローターバッハはオプションでTRACE32 TCFプラグインを提供しています。このプラグインにより、Wind River Workbench (下記画像参照)内のTCF C/C++デバッガにおけるTRACE32の設定、起動が可能となります。




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 13-Dec-2016