Vivado用インテグレーション


The embedded tools company
統合環境


Vivado用インテグレーション
  ハイライト
TRACE32デバッガがJTAGに接続されている間にVivadoを使用
TRACE32でソフトウェアデバッグ中にVivadoからFPGAを設定
TRACE32でソフトウェアをデバッグ中に、Xilinx VivadoのFPGA診断機能の使用が可能
TRACE32でソフトウェアをデバッグ中に、ChipScope Integrated Logic Analyzer (ILA)を介して内部FPGA信号を解析
サポートチップ MicroBlaze, Zynq®-7000 (dual-core Cortex-A9 MPCore), Zynq® UltraScale (quad-core Cortex-A53 and dual-core Cortex-R5)
 
  はじめに
Xilinx Virtual Cable Daemon Bridge (XVCD Bridge)では、ターゲットへの単一(共通)JTAG接続を介して、ハードウェア解析のためのXlinix Vivado Suiteと同時にTRACE32デバッガも使用できます。


Link
TRACE32 Integration for ChipScope Analyzer




 
TOP

統合環境


Xilinx Vavadoトラフィックは、TRACE32リモートAPIを経由して、 ARM/Microblazeデバッグセッションを通してトンネリングされます。







Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 13-Dec-2016