VectorCAST®との統合 - コードカバレッジ


The embedded tools company
トレースベースのコードカバレッジのための統合環境
RAMベースのコードカバレッジのための統合環境


Picture
  ハイライト
トレースベースコードカバレッジ

TRACE32コードカバレッジエキスポートファイルに基づいた解析
インスツルメンテーションなしで計測されたTRACE32リアルタイムコードカバレッジを基に解析
テスト環境下のチップの命令トレース機能を基に計測
TRAC32がサポートする各種オフチップトレースインターフェースに対応
TRAC32トレースストリーミングにより長時間カバレッジ計測が可能
テストで不良発生時、すぐにデバッグ作業へ切り替え

RAMベースのコードカバレッジ

TRACE32 RAM保存出力ファイルに基づく
VectorCASTハーネスがカバレッジデータを収集、カバレッジRAMに書き込み
オフチップトレースポート不要
テストで不良発生時、すぐにデバッグ作業へ切り替え
TRACE32がサポートする各種プロセッサアーキテクチャ対応
TRACE32がサポートする各種コンパイラ対応
 
  はじめに
TRACE32® VectorCAST統合機能は、ターゲットチップの命令トレース機能の有無に関わらず、VectorCASTのインターフェースでコードカバレッジの実行が可能です。


Link Support
テクニカルサポート
[www.vectorcast.com]  VectorCAST Code Coverage

TRACE32 Trace-based Code Coverage




TOP

トレースベースのコードカバレッジのための統合環境


    テスト中のチップに命令トレースの可視性を提供するオフチップトレースインターフェースが装備されている場合、TRACE32はこの情報を記録してコードカバレッジのベースとします。オフチップトレースインターフェースのメリットは、ターゲットアプリケーションのインスツルメンテーションを必要とせず、リアルタイムのコードカバレッジが可能なことです。テスト実行の記録量はTRACE32トレースストリーミングを使用する場合は、トレース情報の数テラバイトです。それ以外の場合は4ギガバイトです。



    TRACE32コードカバレッジの結果は、ファイルにエキスポート、VectorCASTツールチェーンにインポートして詳細解析することができます。


TOP

RAMベースのコードカバレッジのための統合環境


    VectorCASTハーネステストエージェントは、テスト中のチップにオフチップトレースインターフェースが装備されていない場合、カバレッジデータを収集します。ハーネスはターゲット上に割り当てられたカバレッジRAMを使用します。カバレッジRAMのサイズは、テスト実行の記録量を決定します。カバレッジRAMの内容は各テスト実行後に、TRACE32によりファイルに保存され、詳細解析のためにVectorCASTツールチェーンにロードされます。




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 17-Mar-2016