V850用トレース


The embedded tools company


V850用トレース
  ハイライト
最大4GByteのトレースメモリ
最大1GByteの記録が可能
スピード:200 MHz
タイムスタンプ機能
コンテキスト・トラッキング・システム
パフォーマンス解析
カバレッジ解析
統計関数
グラフィカルにトレース結果を表示
RTOS統計
 
  はじめに
この高速トレースモジュールは、V850トレースポート用に設計されています。


Dim
モジュール
Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート



 
TOP

機能


RISCトレースはプログラムフロー情報のサンプリングのため、コントローラのトレースポートを使用します。


  • 200 MHz動作
  • RISCトレースと合わせて最大2Mフレーム
  • PowerTraceと合わせて64Mフレーム
  • 4ビット&16ビット版サポート


 
TOP

トレースモジュール


パワートレースII(PowerTrace II)
  • トレースメモリ:1/2/4GByte
  • 汎用トレースモジュールをアーキテクチャ専用トレースプローブでターゲットに接続(プリプロセッサ)
  • 最大19.2 Gbit/sまで各種パラレルトレースポートをサポート 例)16ビット、最大300MHz DDRサンプルレート
  • 最大4レーンまでのシリアルトレースポート、各レーン最大6.5 Gbit/sをサポート
  • 最大1.6 Gbit/sまでのストリーミングをサポート
  • 独立した17チャネルロジックアナライザ(標準プローブ使用)
  • エナジープロファイリング(オプションのアナログプローブ使用)
  • PODBUS ExpressインターフェースでPowerDebug PROに接続(PowerDebug IIの後継製品)
  • PODBUS /PODBUS ExpressインターフェースでPowerProbe, PowerIntegratorなどのロジックアナライザモジュールに接続


 
TOP

サポートソフトウェア



CTSコンテキストトラッキングシステム
  • リアルタイムプログラムのシングルステップ
  • ローカルおよびグローバル変数の表示
  • スタックフレーム表示
  • ステップ、バックステップとステップオーバー
  • 条件付ステップ
  • トレース上でのレジスタ変数の表示
  • トレース上でのパラメータ付関数ネスティング表示

スマートトレース, トレース解析のためのインテリジェントソフトウェア
  • 失われたコード情報の穴埋め
  • 直接分岐の再構築
  • CTSを使って間接分岐の再構築
  • CTSである時点でのメモリおよびレジスタの値を検証

 
TOP

互換デバッガ



 
TOP

トレースコネクタ


Adaption for V850 and VR-Series

 
TOP

詳細および構成





Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016