QorIQ NEXUS高速シリアルトレースポート


The embedded tools company


QorIQ NEXUS高速シリアルトレースポート
  ハイライト
高速シリアルトレース
分岐トレースメッセージ(BTM)を経由したプログラムフロー
オーナーシップトレースメッセージ(OTM)を経由した現行タスク情報
オンチップペリフェラルブロックトレースをサポート
NEXUSクライアントおよびTRACE32により生成されたタイムスタンプをサポート
マルチコアトレース
包括的なプログラムプロファイリング
ターゲットOS認識プロファイリング
コードカバレッジ
サポートチップ FREESCALE, NXP, e2v
サポートチップ B4220, B4420, B4460, B4860, E2V_P4040, E2V_P4080, E2V_P4081, G4860, P2040, P2041, P3040, P3041, P4040, P4080, P5010, P5020, P5021, P5040, T1013, T1014, T1020, T1022, T1023, T1024, T1040, T1042, T2040, T2080, T4080, T4160, T4240


Dim
モジュール
Freq
動作周波数
Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート



 
TOP

高速シリアルトレース


ローターバッハは2008年半ば以来、高速シリアルトレースインターフェースをサポートしてきました。初めにARM-HSSTPのサポートを開始し、続けてQorIQ、PPC400アーキテクチャ用のシリアルトレースのサポートも始めました。

パラレルトレースデータは、8b/10B符号化され、ターゲットデバイスによりビットストリームに変換されます。このビットストリームは、差動レーンを経由してTRACE32プリプロセッサに送られ、TRACE32はオリジナルパラレルデータを回復します。

サポートされるシリアルトレースインターフェースの最大速度は、データレーンの数によります。
  • レーン毎6.250 Gbit/s p (最大3レーン)
  • レーン毎3.125 Gbit/s (4レーン)
高速シリアルトレースインターフェースには、トレースポートアナライザとしてPowerTrace IIが必要です。

メーカー規格標準アダプタでターゲットに接続します。  
TOP

トレース結果の表示


TRACE32は、トレース結果および解析を包括的に表示します。



 
TOP

NEXUS設定


TRACE32 は、全てのNEXUS設定に対してフルアクセスを提供します。



  • BTM, OTM, WTM, DQM: トレース方法の選択
  • TimeStamps: コアトレースメッセージ用のコアタイムスタンプを有効にします。
  • PODT, PTMARK,DBFCMSK:特殊コアのトレースオプション
  • STALL:オンチップNEXUSメッセージFIFOのオーバーフローを防止するためにコアをストールします。
  • Spen<trace method>:NEXUSメッセージFIFOフィルレベルにより、特定のトレースメッセージの抑制を有効にします。
  • PortSize:トレースに使用する高速シリアルレーン数を設定します。
  • PortMode:高速シリアルレーンの転送速度を設定します。
 
TOP

基本フィルタおよびトリガ


使いやすい基本フィルタおよびトリガ機能を提供します。

  • TraceEnable:指定したイベントのみサンプリングします。
  • TraceData:プログラムフロー全体および指定したデータ―ベントをサンプリングします。
  • TraceON:指定したイベントの発生後、トレースバッファへのサンプリングをonに切り替えます。
  • TraceOFF:指定したイベントの発生後、トレースバッファへのサンプリングをoffに切り替えます。
  • TraceTrigger: 指定したイベントにおいてトレースバッファへのサンプリングを停止します。トリガディレイの可能性あり。
 
TOP

プロファイリングとコードカバレッジ


統計解析
  • 関数の実行時間を詳細解析
  • タスク実行時間/ステートを詳細解析
  • 変数の変化の推移を時間軸でグラフィカル解析
  • 単一イベントのタイムインターバルを解析 (割込み処理など)
  • 2つのイベント間のタイムインターバルを解析

RTOS デバッガ
  • タスク実行時間の統計的な評価及びグラフィック表示
  • タスクに関連のある関数実行時間評価
  • タスク状態の統計的な評価及びグラフィック表示
  • システムコールの手動実行
  • タスクスタックカバレッジ
  • OSデータ用のPRACTICE関数
  • RTOS に関連のあるプルダウンメニュー
  • タスクを選択デバッグ

トレースベースのコードカバレッジ
  • インスツルメンテーションなしのリアルタイムコードカバレッジ
  • 長期テストに最適
  • アッセンブリ、ソースコードレベルで解析
  • オフラインレビュー機能
  • マルチコアチップをフルサポート

 
TOP

接続方法


Adaption for QorIQ High-speed Serial Trace Port

 
TOP

詳細および構成





Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016