System Trace


The embedded tools company


System Trace
  ハイライト
オンチップトレース(Embedded Trace Buffer)サポート/トレースハードウェアの追加不要
外部トレースポートに送信されるトレースデータにCombiProbe /PowerTrace-IIを使用
ハードウェア/ソフトウェア・インスツルメンテーション・メッセージの高レベルなデコーディング
 
  はじめに
システムトレースとは、出力データがMIPIシステム・トレース・プロトコル・バージョン1(STPv1)、または、バージョン2(STPv2)に準拠したトレースモジュールのことをいい、ハードウェア/ソフトウェア・インスツルメンテーション・メッセージの転送に使用されます。

ローターバッハでは現在、2種類のシステムトレースモジュール:ARM社のCoreSightのコンポーネントであるSystem Trace MacroCellと、テキサス・インスツルメンテーション社のSystem Trace Moduleをサポートしています。


Link Support
テクニカルサポート
CombiProbe
PowerTrace-II
[focus.ti.com]  OMAP44xx TRMs
[processors.wiki.ti.com]  CTools Library




 
TOP

ARM社のSystem Trace MacroCell (STM)


ARM社のSystem Trace MacroCellは、MIPI STPv2プロトコルを実装します。その他のCoreSightモジュールと同様にトレースデータは、Embedded Trace Buffer (ETB)に格納するか、トレースポートインターフェースユニット(TPIU)を介してエクスポートすることができます。

TPIUを経由してエクスポートされる場合、トレースポートの特性は ETMと同じです。

 
TOP

テキサス・インスツルメンツ社のSystem Trace Module(STM)


テキサス・インスツルメンツ社のSystem Trace Moduleは、MIPI STPv1プロトコルを実装します。トレースデータは、Embedded Trace Buffer (ETB)に格納するか、Parallel Trace Interface (PTI) を介してエクスポートすることができます。

OMAP4デバイス用にも、Clock Management Interface (CMI)とPower Management Interface (PMI)からの高レベルなハードウェアメッセージのデコーディングがサポートされています。以下の図は、OMAP4430のハードウェアモジュールのクロック動作を示しています。



PandaBoardのサンプルファイルは、こちらから入手できます。
ハードウェア/ソフトウェア・インスツルメンテーション用のドライバは、テキサスインスツルメンツが提供しています: CTools Library.

 
TOP

ソフトウェアインスツルメンテーション


T32はSystem Traceの実装に関係なく、ターゲット上で起動しているオペレーティングシステム、またはユーザアプリケーションが生成するprintf形式メッセージのデコーディング/表示機能を提供しています。

 
TOP

互換デバッガ


ARM/XSCALE用JTAGデバッガ

 
TOP

トレースコネクタ


Adaption for PandaBoard (LA-3840)




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 21-Nov-2016