ICD(イン・サーキット・デバッガ)


The embedded tools company


ICD(イン・サーキット・デバッガ)
  ハイライト
わかり易い高級言語及びアセンブラデバッガ
多くのコンパイラに対応
RTOS 認識
全てのホストプラットフォームに対応
高速ダウンロード
内部及び外部ペリフェラルをロジックレベルで表示
フラッシュプログラミング
ハードウェアブレークポイントとトリガー機能 (オンチップデバッグインタフェースでサポートされていれば)
マルチプロセッサ/マルチコアデバッグ
トレースとトリガーを拡張可能
ソフトウェアトレース
仮想解析
全てのTRASCE32ツールにおいて互換性
 
  はじめに
TRACE32-ICDは、チップ上に統合化されたデバッグ・トレース回路 (BDM, JTAG, ETM, OCDS, NEXUS)を使ったマイクロプロセッサ開発ツールです。これをベースとして、TRACE32-ICDでは、費用効果の高いデバッガと強力なトレース機能及び実行時間解析ツールを実現しています。

TRACE32-ICDは、イーサネット,USB,LTPのインタフェースで接続することができます。


Support
テクニカルサポート



 
TOP

基本コンセプト


TRACE32 インサーキットデバッガは、アセンブラ及び高級言語デバッガとして、費用効果の高いツールです。ICDデバッガは、主にPCやワークステーション上のスタンドアロンデバッガとして使われます。また、ECU32上のPODBUSコネクタを使ってインサーキットエミュレータTRACE32-ICE への拡張としてもご利用になれます。本構成では、ターゲット上の二つ目のCPUをデバッグするために使われます。

ホストインタフェース

ICDデバッガは、PODBUSの高速シリアルバス経由でホストシステムに接続されます。PODBUSインタフェースには以下のようなものがあります。


ISAバス用インタフェースカード (50-200KByte/s)



プリンタポートを利用するパラレルインタフェース (20-100 KByte/s in EPP mode)



PC及びワークステーション両用イーサネットインタフェース (50-800 KByte/s pipelined)

RS232インタフェース通信で実現されるソフトウェアデバッガは、選択されたプロセッサファミリでご利用になれます。(例えば、 68k、 C167、 H8Sなど).

デバッガコンフィギュレーション

ICDデバッガはオンチップデバッグインタフェース(BDM, ONCE, JTAG など)をベースとしています。TRACE32-ICDでは、ハードウェアブレークポイントやトリガー機能のようなオンチップデバッグインタフェースによって提供される全ての特別な機能をサポートしています。オプションのEPROM/FLASH Simulatorでは、ROMエリア内でのブレークポイントの設定が行えます。

BDM/JTAG Debugger


PowerDebug BDM/JTAG Debugger with RISC Controller and USB Interface


PowerDebug BDM/JTAG Debugger with RISC Controller and USB/Ethernet Interface

統合デバッガ/トレースコンフィギュレーション

NEXUSポート付マイクロコントローラ用のデバッガ/トレース/パフォーマンスアナライザ統合システムは、現在開発中です。

PowerNexus NEXUS Debugger


PowerTrace BDM/JTAG Debugger with RISC Controller, Trace and USB/Ethernet Interface

ROM Monitor コンフィギュレーション

ICD-Debuggerは、ROM Monitor ソリューションをベースとしています。8KB のモニタプログラムをメモリアドレス領域のどこにでも配置できます。モニタプログラムをリンクし、ユーザープログラムとは分けてロードするか、又はユーザープログラムと一緒にロードできます。モニタを実装するために、幾つかの割込みベクターがモニタプログラム用にリザーブされます。導入に際しては、これらの条件がターゲットソフトウェア設計の際に考慮されていなければなりません。
ホスト上のデバッガとモニタプログラム間の通信は、EPROM/FLASH simulator を介して行われます。EPROM simulator では、8-bit EPROM×2個 又は16-bit EPROM×1個をサポートしています。複数のモジュールを組合せて、32-bit, 64-bit 構成も可能です。EPROM simulator では、シミュレーションの間、ターゲットシステムのEPROM構成をソフトウェアで制限できます。この技術を使って、ページ化・バンク化EPROMをシミュレートできます。EPROMシミュレータに関するより多くの情報につきましては、ドキュメンテーションをご参照ください。


EPROM/FLASH Simulator

ICD トレース

ICD Trace は、TRACE32-ICD インサーキットデバッガの拡張モジュールです。POD-Bus 経由でICDインタフェース(オプションで、ESI EPROM/FLASH Simulator)に接続されます。このトレース機能を追加することにより、TRACE32-ICD デバッガのパフォーマンスを大幅に拡大できます。また、命令、システム状態のとちらが特別なプログラム状態を引き起こしたかの見極めを容易にします。


RISC Trace Module

PowerProbe ロジックとプロトコルアナライザ

ステート/タイミングアナライザは、64チャンネルロジックアナライザモジュールです。POD-Bus経由で接続されます。


PowerProbe Logic Analyzer

PowerIntegrator ロジックアナライザ

ステート/タイミングアナライザ・ロジックアナライザは、システムインテグレーションのために特別に設計されています。POD-Bus経由で接続されます。


PowerIntegrator Logic Analyzer with MICTOR probes

Stimuli Generator

Stimuli Generatorは、TRACE32-ICDインサーキットデバッガの拡張モジュールです。64デジタル及び12アナログチャンネルがご利用になれます。


Stimuli Generator

トリガプローブ

トリガプローブは、インサーキットデバッガ内で外部トリガイベント使用を可能にします。


Trigger Probe

クリップセット


Clip Set

パワーサプライ


Power Supply

マルチプロセッサデバッグ

PODBUS は、最大4つの独立したデバイスを制御できます。各デバイス又は各デバイスの組合せを、異なるユーザインタフェースで制御します。TRACE32 ソフトウェアでは、マルチプロセッサデバッグの実現のために、複数のデバイスを同時に実行、停止を行います。この構成を使って、1つのマスタが最大3つのスレーブを制御できます。




Other WWW Sites

 
TOP

Modules




     EPROM/FLASHシミュレータ

8, 16, 32 Bit 動作
2, 8, 16, 64 MBit バージョン
DIL 又は PLCC アダプタ
SO アダプタ
TSOP アダプタ
インサーキットシミュレーション用ESI-CON
モニタ制御
NMI及びRESET信号生成

     ROM モニタ

エミュレータとコンパチブル
C,C++ 及びASMをサポート
EPROM Simulatorを介して通信
RS232又はカスタム化した.DLLを介して通信
Windows9x, WindowsNT 及び Unix
ソースプログラム付きモニタコード
モニタコードはロイヤリティフリー








     NEXUS規格対応PowerTrace

NEXUS規格 クラス1~3+ をサポート
オンチップ及び外部フラッシュへのプログラミング機能
メモリへのリアルタイムアクセス
ハードウェアブレークポイントとトリガー機能
最大200 MHzのプログラム及びデータフロートレース
最大4GByteトレースメモリ
2点間アドレスのデータフロートレース
命令実行トリガー及びデータアクセストリガー
統計機能/パフォーマンス解析
コードカバレッジ
外部トリガー入力/出力
USB、イーサネットまたはパラレルインタフェース

     Stimuli Generator

64 Digital Channels
12 Analog Channels
Pulse Generator
Pattern Generator
Connection Tester

     Trigger Probe for PODBUS

ICE, FIRE 及び ICDと共に使用
非同期トリガー機能
同期トリガー機能
パルス幅トリガー機能
異常発生トリガー
スコープトリガー出力




     パワートレースII(PowerTrace II)

トレースメモリ:1/2/4GByte
汎用トレースモジュールをアーキテクチャ専用トレースプローブでターゲットに接続(プリプロセッサ)
最大19.2 Gbit/sまで各種パラレルトレースポートをサポート 例)16ビット、最大300MHz
DDRサンプルレート
最大4レーンまでのシリアルトレースポート、各レーン最大6.5
Gbit/sをサポート
最大1.6 Gbit/sまでのストリーミングをサポート
独立した17チャネルロジックアナライザ(標準プローブ使用)
エナジープロファイリング(オプションのアナログプローブ使用)
PODBUS ExpressインターフェースでPowerDebug
PROに接続(PowerDebug IIの後継製品)
PODBUS /PODBUS ExpressインターフェースでPowerProbe,
PowerIntegratorなどのロジックアナライザモジュールに接続

     PowerProbe

最高400MHzのタイミングアナライザ
最高100MHzのステートアナライザ
64入力チャンネル
トランジェントレコーディング
時間相関のあるRISCトレース
ステートクロック用クロック選定機能
ステート及びタイミング混在モード
4個のステートクロック入力
SOCターゲット用アダプタ
オプションのパターンジェネレータ
CAN, USBなどのプロトコルサポート

     PowerIntegrator

全チャンネルで500MHzのタイミングアナライザ
最大250MHzのステートアナライザ
204入力チャンネル
トランジェントレコーディング
時間相関のあるRISCトレース
ステートクロック用クロック選定機能
混合ステートとタイミングモード
4クロック入力
MICTOR型プローブと標準プローブ
MICTOR ディファレンシャルプローブ
アナログ電圧/電流プローブ
3G/DigRF プロトコルアナライザ


 
TOP

Configuration Examples


 
TOP

Debugger Module and EPROM/FLASH Simulator on PC with USB Interface


 
BDM/JTAG Debugger
with USB Interface
EPROM/FLASH Simulator Module
 
 
TOP

PowerTrace on PC or Workstation


Hub
PowerTrace BDM/JTAG Debugger and Trace
 
 
TOP

PowerTrace and Logic Analyzer on PC or Workstationr


Hub
PowerTrace BDM/JTAG Debugger and Trace
PowerProbe 400 MHz Logic Analyzer
 





Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 25-Nov-2016