CTSコンテキストトラッキングシステム


The embedded tools company
特長


CTSコンテキストトラッキングシステム
  ハイライト
リアルタイムプログラムのシングルステップ
ローカルおよびグローバル変数の表示
スタックフレーム表示
ステップ、バックステップとステップオーバー
条件付ステップ
トレース上でのレジスタ変数の表示
トレース上でのパラメータ付関数ネスティング表示
 
  はじめに
ターゲットシステムの動作不良の原因の命令やデータあるいはシステム状態を見つけ出すには、トレース情報の解析に多くの時間を必要とします。

コンテキストトラッキングシステム(CTS)は、トレースバッファに集められた情報を基に選択されたポイントのシステム状態を再現します。ここから、リアルタイムでトレスメモリに記録されたプログラムを再度デバッグすることができます。


Doc
ドキュメント
cts.pdf
( 132k)
TOP

特長









コンテキストトラッキングシステム (CTS) はとレースバッファの指定されたカーソルの位置に関るシステム状態をインストラクションセットシミュレータを利用してトレース解析システムの情報を使います。これにより、リアルタイムですでに実行されたプログラムをシングルステップで追うことができます。

システムはメモリまたはレジスタ上のローカルやグローバル変数を通常のデバッガと同様なウインドウで参照できます。シングルスッテプは前後いずれの方向にも可能です。インストラクションセットシミュレータによるレジスタ値の再構築は、68K ファミリ、 PowerPC、 SH2 そして ARM7 でサポートされます。C167ファミリはレジスタ値を取り出すにはボンドアウトチップからの情報が必要です。





トレースウインドウ上のローカルおよびレジスタ変数





Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016