TriCore DAP用CombiProbe


The embedded tools company


TriCore DAP用CombiProbe
  ハイライト
2ピンDAP/3ピンDAPワイドモードサポート
最大160MHzのDAPクロック
26ピン自動車産業用コネクタ

TriCoreデバッグケーブルと同一のデバッグ機能
DAPストリーミング用128 MBトレースメモリ
最速30 MByte/sのDAPストリーミング
フィルタリングされたトレース、GTMトレース、Compact関数トレース用DAPストリーミング
TRACE32ストリーミングで長時間にわたる記録を実現

サポートチップ emulation device of TC23x, TC26x, TC29x


Support
テクニカルサポート



 
TOP

ツール構成


    Configuration of CombiProbe

    左の図は、USB3インターフェースを介してホストコンピュータに接続した場合の標準的な構成例です。右の図は、ギガビットイーサネットを介してツールに接続した場合の拡張構成の例です。

 
TOP

デバッグ機能


    TriCore DAP用TRACE32 CombiProbeは、TriCore用TRACE32デバッグケーブルと同一のデバッグ機能を提供します。詳細に関しては、TriCore デバッガをご参照ください。
 
TOP

DAPストリーミング


    AP Streaming とは、プログラムが実行されている間にEMEM(オンチップトレースメモリ)の内容がTRACE32 CombiProbeにストリーミングされることです。DAPストリーミングには、両方のXTMファイルが必要です。

簡易DAPストリーミング

    簡易DAPストリーミング機能では、最大で128 Mbyteのトレース情報を記録することができます。

    DAP Streaming

DAPストリーミングとTRACE32ストリーミング

    DAPストリーミングとTRACE32ストリーミングを合わせると、最大数テラバイトのトレース記録が可能です。TRACE32 CombiProbeにより収集され、バッファリングされたトレース情報は、オペレーションモードでホストコンピュータのファイルに即時転送されます。

    TRACE32 Streaming
 
TOP

DAPストリーミング機能


Compact関数トレース

    Compact関数トレースは、特殊なプログラムトレースモードで、中帯域幅のトレースポートにおけるネスティング機能のランタイム解析が実行できます。トレースメッセージは、関数の呼び出しと戻り値の受け取り、割り込み、タスク切り替え時に生成されます。

    Compact Function Trace

フィルタリングされたデータトレース

    TriCoreオンチップトレースロジック: MCDSは、トレース情報を確認したいread/writeアクセスに絞ることができます。この情報に基づき、選択した変数のランタイム動作を解析することができます。

    Filtered Data Trace

フィルタリングされたAutosarトレース

    タスク切り替え、タスクサービス、ISR2s等のAutosarイベントは、Autosar変数で確認します。これらのAutosar変数への書き込みアクセスに対してトレースメッセージが生成されると、Autosar OS実行時の動作の詳細解析ができます。

    Filtered Autosar Trace

GTMトレース

    GTMトレースでは、命令実行シーケンスの確認と、TIM/TOM/ATOMチャネルのタイミング検証ができます。

    GTM Trace
 
TOP

Adaptation


Adaption for CombiProbe TriCore DAP




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 21-Nov-2016