Intel® x86/x64用CombiProbe


The embedded tools company


ANNIEDALE MOOREFIELD Z3500 VALLEYVIEW2 BAYTRAIL

Intel® x86/x64用CombiProbe
  ハイライト
デバッグ/システムトレース機能を提供
標準的なJTAG、Intel®デバッグフック、I2Cバスをサポート
システムトレースポートを最大8トレースデータチャネルまでサポート
トレースメモリ 128メガバイト

SMPデバッグ(ハイパースレッディングを含む)
その他アーキテクチャのAMPデバッグ
カスタマイズされたGUIで各UEFIフェーズのBIOS/UEFIデバッグ
Linux/Windows認識デバッグ
Intel® Trace Hubライブラリを介してシステムトレースデコーディングをサポート
サポートチップ INTEL
サポートチップ Z35XX, Z37XX


Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート



 
TOP

ツール構成


Configuration of CombiProbe for Intel

左側の画像は、標準的な構成の例です。右側の拡張した構成の場合、オフチップで転送されるIntel® Processorトレースデータも追加で記録することができます。

 
TOP

Intel® x86/x64 エコシステム


コンパイラサポート

C

  • SCO-UNIX-CC ()
  • COFF
  • GNU-C (FSF)
  • DBX
  • ELF/DWARF2
  • GCC386 (GREENHILLS)
  • COFF
  • IC386 (INTEL)
  • OMF-386
  • IC286 (INTEL)
  • OMF-286
  • MCC386 (MENTOR)
  • EOMF-386
  • MSVC-1.5 (MICROSOFT)
  • EOMF-386
  • MSVC (MICROSOFT)
  • EXE/CV
  • OMF-386/CV
  • MSVC/CSI (MICROSOFT)
  • EOMF-386
  • HC386 (SYNOPSYS)
  • OMF386/SPF
  • HIGHC (SYNOPSYS)
  • ELF/DWARF

C++

  • BORLAND-C (BORLAND)
  • EXE/BC5
  • ORGANON (CADUL)
  • OMF386++
  • GNU-C++ (FSF)
  • DBX
  • MSVC (MICROSOFT)
  • EXE/CV4
  • HC386 (SYNOPSYS)
  • OMF/SPF
  • HIGH-C++ (SYNOPSYS)
  • ELF/DWARF
RTOS
RTOS サポート (64-bit)
RTOS
RTOS サポート (32-bit)
3rd Party Integration
サードパーティツールとの統合化
 
TOP

接続



 
TOP

その他のIntel® x86/x64用TRACE32ツール


Debugging of Virtual Targets
  • サード・パーティ仮想ターゲットへのフロントエンド
  • サード・パーティコアシミュレータへのフロントエンド
  • サード・パーティターゲットサーバへのフロントエンド
  • TRACE32ハードウェアデバッガと同様のGUI
  • サード・パーティソフトウェアが提供するデバッグ機能
  • サード・パーティソフトウェアが提供するトレース機能
  • Windows32/64、Linux32/64
  • Reprise RLMフローティングライセンス、またはUSBドングル
  • アーキテクチャ専用の1ライセンスで全てのバックエンドをカバー

Intel® Processor Trace
  • ピン毎に最大200 MBit/sのパラレルトレースポート
  • 設定可能なトレースポート幅 (4, 8, 12, 16ビット)
  • MIPI60規格コネクタでターゲットに接続
  • AutoFocusセルフキャリブレーション機能を搭載
  • マルチコアトレース
  • 最大4GByteのトレースメモリ
  • 標準トレースフィルタおよびトリガ
  • 包括的なプロファイリング
  • トレースベースのコードカバレッジ

 
TOP

TRACE32デバッグ機能


マルチコアデバッグ
  • 同種または異種のマルチプロセッサ/マルチコアの組み込みアプリケーションデバッグ
  • 高品質の標準デバッガをマルチプロセッサ/マルチコアのデバッグに利用可
  • 全てのTRACE32-ICD デバッガはマルチプロセッサ/マルチコアのデバッグ環境で同時利用可
  • サードパーティーのデバッガへのすばやい対応
  • 単一シリコン上の各プロセッサが同一のデバッグポートをシェア可能
  • スタート/ストップの同期

Debug Support for Unified EFI Bootloader
  • ローダブル・エクステンションによるサポート
  • 全てのUEFIフェーズのデバッグに対応
  • UEFIフェーズ毎にカスタマイズされた画面表示
  • 「デバッグギャップ」のないコンティニュアスソリューション
  • リセットベクタからデバッグ
  • 動的にロードされたドライバをエントリポイントからデバッグ

ペリフェラルブラウザ
  • チップ上のペリフェラルの表示
  • ユーザー定義型ウィンドウ
  • ソフトキーも使えるインタラクティブウィンドウ定義
  • 候補選択時のプルダウンメニュー
  • 各フィールドに解説の追加

RTOS デバッガ
  • タスク実行時間の統計的な評価及びグラフィック表示
  • タスクに関連のある関数実行時間評価
  • タスク状態の統計的な評価及びグラフィック表示
  • システムコールの手動実行
  • タスクスタックカバレッジ
  • OSデータ用のPRACTICE関数
  • RTOS に関連のあるプルダウンメニュー
  • タスクを選択デバッグ

パフォーマンスアナライザ
  • 関数レベルでの長時間パフォーマンス解析
  • タスクレベルでの長時間パフォーマンス解析
  • 変数やメモリ内の値を長時間にわたり計測、解析

PRACTICE スクリプト言語
  • 構造化言語
  • メニューのサポート
  • コマンドのログ
  • カスタムメニュー
  • ツールバーやボタンのカスタム化
  • ダイアログウインドウのカスタム化
  • 64ビット算術演算
  • 数字、論理、文字列操作
  • システム状態への直接アクセス

 
TOP

詳細および構成


 
Atom
Z35XXIntel Corporation
Z37XXIntel Corporation



Copyright © 2017 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 09-Jun-2017