TriCoreデバッガ


The embedded tools company


AUDO1 DEMONSTRATOR HARRIER LEDA LORYPLUS METIS TC1387BD TC1782BD TC1796FNA

TriCoreデバッガ
  ハイライト
PCP、GTM、HSM、SCRなど各種補助コントローラのデバッグ
JTAG、DAP経由でのデバッグアクセス
エミュレーションデバイスに対応したAGBT高速シリアルトレース
エミュレーションデバイスに対応したオンチップトレース
Synopsis Virtualizer用フロントエンドとしてデバッグ
リセット動作中のデバッグ&トレース 
キャッシュ解析
マルチコアデバッグ&トレース
サード・パーティーツールと連携とサポート
サポートチップ INFINEON
サポートチップ
 PXB4260, TC10GP, TC1100, TC1115, TC1124, TC1128, TC1130, TC1161, TC1162, TC1163, TC1164, TC1165, TC1166, TC1167, TC1182, TC1184, TC1191, TC1193, TC1197, TC1198, TC11IA, TC11IB, TC11IC, TC1337, TC1367, TC1387, TC1387ED, TC1724, TC1724ED, TC1728, TC1728ED, TC1736, TC1736ED, TC1746, TC1762, TC1764, TC1765, TC1766, TC1766ED, TC1767, TC1767ED, TC1768, TC1775, TC1782, TC1782ED, TC1784, TC1784ED, TC1791, TC1791ED, TC1792, TC1793, TC1793ED, TC1796, TC1796ED, TC1796L, TC1797, TC1797ED, TC1798, TC1798ED, TC1910,
> more
 
  はじめに
ローターバッハのTRACE32ツールは、15年以上にわたりInfineon TriCoreマイクロコントローラをサポートしてきました。定評のあるシングルコアのTriCore AUDOデバイスだけでなく、最新のAURIXマルチコアアーキテクチャもサポートしています。

標準のシングルコアとマルチコアデバッグ機能の他に、オンチップ、オフチップ情報を記録、解析が可能です。TRACE32は、MCDSオンチップリソースをプログラムして、特定のイベントのトリガ、またはチップレベルのトレース出力情報のフィルタリングができます。


Dim
モジュール
Volt
動作電圧
FAQ
よくある質問
Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート
TOP

特長


デバッグ機能

トレース機能

  • エミュレーションデバイス用にオンチップトレースでマルチコアトレース
  • 高速シリアルAGBTインターフェースを介したオフチップトレース最大4GBのトレースメモリに加えて、ホストへのストリーミングにより長時間トレース可能
  • パフォーマンスプロファイリング、適格性評価 例)キャッシュ解析、コードカバレッジ

ソフトウェアのみでのデバッグ

 
TOP

マルチコアデバッグ


TRACE32では、最大3個までのTriCoreコアおよび、各種補助コントローラのマルチコアデバッグが可能です。
  • コアを同期したスタート、ストップが可能
  • 全てのコアの状態を並べて表示可能
  • 全てのコアをシングルスクリプトで制御可能










 
TOP

サード・パーティツールとデバッグポートを共有


JTAGまたはDAPデバッグポートを使用してターゲットにアクセスするサード・パーティツールもあります。そのようなツールをTRACE32と使用する場合は、デバッグポートを共有する必要があります。
  • サード・パーティツールとのJTAG、DAPデバッグポートの共有をサポート 例) ETAS ETK, dSpace GSI
  • サード・パーティツールとTRACE32間でデバッグポートを自動的に切り替え
  • オンチップリソースの使用をサード・パーティツールの現行使用にのみに制限することが可能
 
TOP

ベンチマークカウンタ


ベンチマークカウンタは、特定のハードウェアイベントをカウントするオンチップカウンタです。典型的な例はキャッシュヒット/ミスのカウンタであり、関連するパフォーマンスメトリクスの計算を可能にします。
  • 以下の設定、監視
    • コア、集計のオンチップパフォーマンスカウンタ 例)実行された命令、キャッシュヒット、キャッシュミス、CPUのストールなど
    • Emulation Device (ユーザイベント、様々なメモリへのアクセスカウンタなどをサポート)を使ったMCDSイベントカウンタ
  • 実行時間内のカウンタの定期的な読み取り(スヌーパー)
  • オンチップトリガを使用し、カウンタをスタート&ストップ、シングルコード部分の細かい調査が可能
 
TOP

リセット動作中のデバッグ&トレース


マイクロコントローラアプリケーションは、頻繁に内外部のウォッチドック、または内部監視システム に監視されています。回復不能エラーの場合は、前述のシステムがマイクロコントローラをリセットし、既知の安全な状態に戻します。このようなリセットが開発の間に生じる場合、エンジニアはなぜエラーが起きたのか、そしてまたリブート後のポストエラーハンドリングがどのような振る舞いをするかを知ろうとします。
  • デバッガはリセットイベントを検出し、リセットが再び解除された後、デバイスに再接続することができます。ユーザはこの場合、デバッガの振る舞いを設定することができます:リセットベクタにおいてターゲットを停止、またはアプリケーションを復元。 オンチップブレークポイント、トレース、トリガなどのデバッグリソースの設定を再プログラム。
  • トレース記録が有効にされている場合、リセット前に起きた情報はトレースに含まれ、リセット後でも表示できます。デバッガがプログラム実行を復元するようにプログラムされていると、トレースは記録を継続します。(PORSTなどのハードリセットの場合のオンチップトレースにはできません。)
リセット動作中のデバッグ&トレースは双方向/オートモーティブ・デバッグケーブルにサポートされています。  
TOP

MCDSトレースメッセージの生成およびトリガ


エミュレーションデバイスのMCDSモジュールは、命令実行および最大2個のコアのデータアクセスに関する情報、そしてオンチップバスにおける転送に関する情報を生成します。

  • MCDSはフィルタがかけられているか否かに関わらず、トレースメッセージの生成に使用されます。
  • 最大2個までのTriCoreコアのトレース、または補助コア(GTMまたは、PCP)をサポート:
    • プログラムフロー、または同期トレース(分岐、MCDSクロックサイクル毎にトレースメッセージを生成)
    • データトレース:Writeアドレス、データ、Readアドレス(デバイスに依存する)
    • オーナーシップ情報 例)PCPチャネルID (デバイスに依存する)
  • ロセッサバス(LMB, SRI)および周辺バス(SPB, RPB)のトレースをサポート
    • データトレース:(Read/Writeアドレスおよびデータ、オーナーシップ情報 例)バスマスタ、DMAチャネル、スーパーバイザーモード
    • SRIトレースでは最大2個までのバススレーブのデータ転送の並行トレース可能
  • 規定のフィルタ設定 例)OS認識トレース
  • リセットサポートを介したトレース
 
TOP

オンチップトレース


オンチップトレースは、MCDSにより生成されたトレース情報をエミュレーションデバイスのトレースバッファに保存します。最大1MBの設定容量があるので詳細なトラブルシューティングとフィールド内テストに最適です。フィルタとトリガによりトレースメモリの効率的な利用を可能にします。
  • 最大1MBのコンフィギュラブルオンチップトレースメモリ
  • トリガとフィルタプログラミングによりトレースバッファの効率的な利用を実現
  • コンフィギュラブルオンチップメモリにより、サード・パーティ製とのオンチップトレースの同時使用が可能 例)自己校正ツール、ユーザアプリケーション
  • 標準デバッガがサポートしているため、ハードウェアの増設不要
 
TOP

オフチップトレース


コア、バスによるプログラム実行およびデータアクセスに関する情報が外部ピンに提供される際、これらの情報をトレースツールで保存することができます。最大4GBまでのトレースバッファに加えて、ホストストレージへのストリーミングも可能で詳細な適格性評価および解析を実現します。

多くのTriCore AUDOデバイスは、パラレルトレースポートを有している一方、TriCore AURIXエミュレーションデバイスは、Auroraプロトコルを使用してAGBT高速シリアルトレースをサポートしています。

TriCore用トレース
  • 3.3 Volt サポート
  • 最大 120 MHz のトレースクロック
  • 128K (256K) フレームトレース長
  • 16 チャンネル
  • タイムスタンプ 100ns 分解能
  • ディレーカウンタ
  • パフォーマンス解析
  • コードカバレッジ
  • 高速検索/アップロード

TriCore AGBT高速シリアルトレース
  • Auroraを使用したロバスト性のあるトレース記録
  • レーン毎に最大6.25 GBit/s
  • 最大4レーン
  • 最大4GByteトレースメモリ
  • ホストストレージへのストリーミング
  • ディレイカウンタ
  • 高速検索&ダウンロード
  • コードカバレッジ
  • パフォーマンス解析

 
TOP

キャッシュデバッグ


TriCoreデバイスの命令およびデータキャッシュにTRACE32からアクセスすることができます。
  • 各キャッシュラインの有効ビットおよびLRU情報が入手可能であり、加えてデータキャッシュはダーティビットを提供します。
  • キャッシュメモリ域は各ウィンドウでハイライトされます。例) Data.dump、 List.autoウィンドウ
  •  デバッグの際、TRACE32はキャッシュからの変数値を透過的に表示するように構成することが可能です。(すなわち、CPUの観点から)
  • CACHE.コマンドグループと共に詳細なキャッシュ解析が提供されます。
 
TOP

SCRデバッガ


スタンバイコントローラ(SCR)は、スタンバイモード時に継続実行が可能な8ビットのマイクロコントローラです。XC800コアがベースとなっており、業界標準の8051プロセッサと互換性があります。ソフトウェア開発および、シングルピンDAPインターフェースを介したXC800ベースのシステムのデバッグのためオンチップデバッグサポート(OCDS)ユニットを含みます。
XC800 Debugger
  • Fast hll and assembler debugging
  • Interface to all standard compilers
  • Full support for all on-chip breakpoints
  • Unlimited number of software breakpoints
  • Display of internal and external peripherals at a logical level
  • Flash programming
  • Interface to all hosts
  • Batch processing by script language PRACTICE

 
TOP

GTMデバッガ


General Timer Module (GTM)用のデバッガは、AURIXファミリ用のデバッガの無料アドオンです。TRACE32ソフトウェアの別のインスタンスからアクセスします。
GTM Debugger (TriCore)
  • Full debug support of GTM
  • GTM debug support included in the TriCore debug license
  • GTM trace - MCS (Multi Channel Sequencer)
  • GTM trace - ARU (Advanced Routing Unit)
  • GTM trace - I/O channels
  • GTM trace support included in the MCDS trace license

 
TOP

PCP デバッガ


ペリフェラルコントロールプロセッサ(PCP)用のデバッガは、AUDOファミリ用の無料アドオンです。TRACE32ソフトウェアの別のインスタンスからアクセスします。
PCP Debugger (TriCore)
  • Full HLL support
  • Disassembler for PCP Instructions
  • Supports ELF/DWARF format
  • Batch Processing
  • Debug Access via JTAG and DAP
  • 3.3 Volt Support
  • Unlimited Software Breakpoints on Code
  • Emulation Device support (additional triggers via MCDS)
  • PCP debugging comes for free with TriCore OCDS Debugger
  • PCP tracing
  • PCP tracing come for free with Preprocessor TriCore OCDS-L2

 
TOP

出版物


デバッグ&トレース TriCore"  
TOP

接続


デバッグケーブルとターゲットの接続用に多種のアダプタ、コンバータが入手可能です。

オートモーティブ・デバッグケーブル接続

  • DAPおよびJTAGを使用したデバッグサポート
  • 10-/20-/26-ピンハーフサイズ(1.27mmピッチ)ターゲットコネクタ(AUTO10/AUTO20/AUTO26)
  • ECU14、16ピンOCDSコネクタ等、多種のアダプタが入手可能


標準TriCoreデバッグケーブル接続

  • DAPおよびJTAGを使用したデバッグサポート
  • 16ピンOCDSターゲットコネクタ
  • ECU14、10ピンDAP等、多種のアダプタが入手可能


 
TOP

IDE - 統合開発環境


 
TOP

詳細および構成





Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 19-Oct-2016