ARM7用JTAGデバッガ


The embedded tools company


ARM7用JTAGデバッガ
  ハイライト
わかり易い高級言語及びアセンブラデバッガ
多くのコンパイラに対応
RTOS 認識
内部及び外部ペリフェラルをロジックレベルで表示
フラッシュプログラミング
強力なスクリプト言語
オンチップブレークポイントとトリガー機能
高速なスナップショットとスポットポイント
マルチプロセッサデバッグ
マルチコアデバッグ
全てのTRACE32ツールにソフトウェア互換
最大 1000 KByte/sec 高速ダウンロード
全てのデバッグモジュールと共に動作
サポートチップ
 AD, ALCATEL, ARM, CIRRUS, CONEXANT, CSR, DIGI, HYNIX, INFINEON, INTEL, LAPIS, LSI, MICROCHIP, MICRONAS, NEOMAGIC, NXP, PANASONIC, PIJNENBURG, PRAIRIECOMM, QUALCOMM, RENESAS, ROHM, SAFENET, SAMSUNG, SCALEOCHIP, SHARP, SIRIUS, SOUNDVISION, STM, TI, XILINX, ZARLINK

AD6522, AD6526, AD6528, AD6529, AD6532, ADUC7020, ADUC7021, ADUC7022, ADUC7023, ADUC7024, ADUC7025, ADUC7026, ADUC7027, ADUC7028, ADUC7029, ADUC7030, ADUC7032, ADUC7033, ADUC7034, ADUC7036, ADUC7039, ADUC7060, ADUC7061, ADUC7121, ADUC7122,
> more
 
  はじめに
TRACE32-ICDは、オンチップデバッグインタフェースを幅広くサポートしています。デバッガのハードウェアはユニバーサルな仕様になっているため、ターゲットプロセッサを変更した場合でも、デバッグケーブルとソフトウェアを変更するだけで、デバッガ仕様を変更できます。



ARM7 用 JTAG デバッガは、ARM コア開発に最も多く利用されているデバッガの1つです。世界中のほぼ全てのテレコム及び自動車開発チームにおいて本デバッグシステムをご利用頂いております。


Dim
モジュール
Volt
動作電圧
Order
オーダー情報
Support
テクニカルサポート
TOP

特長


DSP を含むマルチコアデバッグ



  • HLL及びASMをフルサポート
  • グラフィカルに変数を表示
  • バッチ処理
  • ソフトウェアブレークポイント数に制限なし
  • オンチップブレークポイント
  • マルチコアデバッグ


 
TOP

Adaption


Adaptation for ARM Debug Connector

Adaptation for MIPI Debug Connectors (ARM)

 
TOP

ソフトウェアデバッガ


 
TOP

ハードウェアトレースツール


ETM トレース
  • 最大 4GByteトレースメモリ
  • ターゲット電圧 1.2 ~ 3.3 V
  • 5 ns タイムスタンプ
  • プログラム、データトレース
  • パフォーマンス解析
  • 関数およびタスクレベルの実行時間測定
  • コードカバレッジ
  • ETM(Embedded Trace Macrocell), PTM(Program Trace Macrocell)に対応
  • ETB(Embedded Trace Buffer), TMC(Trace Memory Controller), TPIU(Trace Port Interface Unit)に対応
  • マルチトレースソースに対応 (CoreSight トレース)

 
TOP

構成例





Copyright © 2017 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 23-Nov-2017