XCPを介したデバッグ


The embedded tools company
ソフトウェアのみのデバッガ設定


Picture
  ハイライト
ETAS専用のXCPデバッグエクステンションを介してターゲットCPUと通信
ETASキャリブレーションツールを介してターゲットに接続
TRACE32ハードウェアベースのデバッガと同様のデバッグ機能

C/C++デバッグ
FLASHプログラミング
全ての周辺機能モジュールにアクセス可能
マルチコアデバッグ
AUTOSAR-OS認識デバッグ
ベンチマークカウンタ
キャッシュデバッグ
全ての補助コントローラのデバッグ:PCP, GTM, HSM, SCR
エミュレーションデバイス用のオンチップトレースを経由したマルチコアトレース
サポートチップ TriCore


Link Order
オーダー情報
TRACE32 Floating Licenses
Hardware-based TriCore Debugger




TOP

ソフトウェアのみのデバッガ設定


    TRACE32 FrontEndで入力されたデバッグコマンドを、JTAGを介して直接ターゲットCPUに送信する代わりに、全てのデバッグコマンドはTRACE32 XCPデバッグBackEndでXCPコマンドにエンコードされます。XCPコマンドは、ホストコンピュータのTCPスタック、ネットワークケーブルを通してサードパーティ製のシステムに送信されます。サードパーティ製システムは、XCPコマンドを下層デバッグコマンドに変換します。







Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 27-Jun-2016