Excalibur(ALTERA)への接続方法


The embedded tools company
Excalibur(ALTERA)への接続方法



Excalibur(ALTERA)への接続方法
  ハイライト
ARM9用JTAGデバッガ
フロートレース用ETMトレース
オンチップトレース用SOC-CON
 
  はじめに
EXCALIBUR(ALTERA)開発ボードは、アダプタでSOCトレースに接続することができます。


Link Order
オーダー情報
[www.altera.com]  Altera Excalibur Site




 
TOP

Excalibur(ALTERA)への接続方法


    Excalibur Adaption


アルテラ社のEXCALIBURボードは3つの異なるツールに接続することができます。

PowerTrace

JTAGデバッガ

ARM9用JTAGデバッガ



  • 広範囲のオンチップデバッグインタフェースをサポート
  • わかり易い高級言語及びアセンブラデバッガ
  • 多くのコンパイラに対応
  • RTOS 認識
  • 内部及び外部ペリフェラルをロジックレベルで表示
  • FLASH プログラミング
  • 強力なスクリプト言語
  • オンチップブレークポイントとトリガ機能 (オンチップデバッグインタフェースでサポートされている場合)
  • マルチコアデバッグ
  • マルチプロセッサデバッグ
  • 全てのTRACE32ツールにソフトウェア互換
  • 最高 1000 KByte/sec 高速ダウンロード
  • PowerPC で制御されるアクティブデバッガ


プログラムフローとコアデータ用のETMトレース

ARM/Cortex用トレース(パラレル)



  • 最大 4GByteトレースメモリ
  • ターゲット電圧 1.2 ~ 3.3 V
  • 5 ns タイムスタンプ
  • プログラム、データトレース
  • パフォーマンス解析
  • 関数およびタスクレベルの実行時間測定
  • コードカバレッジ
  • ETM(Embedded Trace Macrocell), PTM(Program Trace Macrocell)に対応
  • ETB(Embedded Trace Buffer), TMC(Trace Memory Controller), TPIU(Trace Port Interface Unit)に対応
  • マルチトレースソースに対応 (CoreSight トレース)


PowerProbe

PowerProbe - ロジック/プロトコルアナライザ



  • 最高400MHzのタイミングアナライザ
  • 最高100MHzのステートアナライザ
  • 64入力チャンネル
  • トランジェントレコーディング
  • 時間相関のあるRISCトレース
  • ステートクロック用クロック選定機能
  • ステート及びタイミング混在モード
  • 4個のステートクロック入力
  • SOCターゲット用アダプタ
  • オプションのパターンジェネレータ
  • CAN, USBなどのプロトコルサポート


オンチップペリフェラル用SOCトレース


Exaliburボード用アダプタ
 
TOP


Step 1 ファームウェアにSOCスキャナーモジュールを統合

    SOCスキャナーはトップレベルモジュール上に統合され、トレースおよび命令ラインはX123に接続されます。
    
    
    	SOC_T[0]     : LOCATION = Pin_N11;
    	SOC_T[1]     : LOCATION = Pin_AH11;
    	SOC_T[2]     : LOCATION = Pin_N12;
    	SOC_T[3]     : LOCATION = Pin_AC12;
    	SOC_T[4]     : LOCATION = Pin_N13;
    	SOC_T[5]     : LOCATION = Pin_AE11;
    	SOC_T[6]     : LOCATION = Pin_M5;
    	SOC_T[7]     : LOCATION = Pin_AB12;
    	SOC_T[8]     : LOCATION = Pin_L5;
    	SOC_T[9]     : LOCATION = Pin_AD11;
    	SOC_T[10]    : LOCATION = Pin_K4;
    	SOC_T[11]    : LOCATION = Pin_A8;
    	SOC_T[12]    : LOCATION = Pin_E6;
    	SOC_T[13]    : LOCATION = Pin_J4;
    	SOC_T[14]    : LOCATION = Pin_E7;
    	SOC_T[15]    : LOCATION = Pin_H4;
    	SOC_T[16]    : LOCATION = Pin_C8;
    	SOC_T[17]    : LOCATION = Pin_K5;
    	SOC_T[18]    : LOCATION = Pin_B8;
    	SOC_T[19]    : LOCATION = Pin_E4;
    	SOC_T[20]    : LOCATION = Pin_E9;
    	SOC_T[21]    : LOCATION = Pin_J5;
    	SOC_T[22]    : LOCATION = Pin_E8;
    	SOC_T[23]    : LOCATION = Pin_H5;
    	SOC_T[24]    : LOCATION = Pin_D8;
    	SOC_T[25]    : LOCATION = Pin_G5;
    	SOC_T[26]    : LOCATION = Pin_B5;
    	SOC_T[27]    : LOCATION = Pin_F5;
    	SOC_T[28]    : LOCATION = Pin_A5;
    	SOC_T[29]    : LOCATION = Pin_E5;
    	SOC_T[30]    : LOCATION = Pin_E10;
    	SOC_T[31]    : LOCATION = Pin_D5;
    	SOC_CLKIN    : LOCATION = Pin_AD12;
    	SOC_CLKOUT   : LOCATION = Pin_N4;
    	SOC_SYNCH    : LOCATION = Pin_AF11;
    	SOC_LOAD_N   : LOCATION = Pin_P13;
    	SOC_DATA     : LOCATION = Pin_P4;
    
    
    


Step 2 EXCALIBURボードにアダプタで接続

Step 3 SOCトレース用にシグナル名を規定

          PP::
          NAME.RESET
          NAME.SET x.0 USER_LED0
          NAME.SET x.1 USER_LED1
          NAME.SET x.2 USER_LED2
          NAME.SET x.3 USER_LED3
          NAME.SET x.0 USER_LED4
          NAME.SET x.1 USER_LED5
          NAME.SET x.2 USER_LED6
          NAME.SET x.3 USER_LED7
    

Step 4 動作設定

        ANALYZER.CSELECT USER_LED0
        ANALYZER.CSELECT USER_LED1
        ANALYZER.CSELECT USER_LED2
        ANALYZER.CSELECT USER_LED3
        ANALYZER.CSELECT USER_LED4
        ANALYZER.CSELECT USER_LED5
        ANALYZER.CSELECT USER_LED6
        ANALYZER.CSELECT USER_LED7
    
        ANALYZER.MODE 8X32
    
        ANALYZER.RATE TRANSIENT
    
        ANALYZER.MODE 100MHZ
    

Step 5 プロジェクトコンパイル ローディング

    例として、’Hello’というデザインは、PowerProbeデバイスを利用してFPGAデバイスの内部シグナルをトレースするためのSOCモジュールの典型的な使用例です。`Hello.zip’は、Quartusソフトウェア用のプロジェクトおよび必要なソース、設計ファイル全てを含みます。
    コンパイルプロセスでは、オンボードブートFlashデバイスのプログラムに使用する'hello_flash.hex'というHEXファイルが作成されます。 このファイルは、ByteBlasterケーブルと'exc_flash_programmer.exe'を使用してExcalibur評価ボード上のオンボードFlashメモリデバイスにプログラムされる必要があります。
    Excaliburデバイスの組込みSOCブロックの入力/出力はEPXA10開発ボード拡張コネクタU123に結合されているピンにマッピングされています。
    A 練習用ファイル'hello_demo.cmm'が、SOCブロック用に設定を行います。

Step 6 表示




Copyright © 2016 Lauterbach Japan, Ltd., Kouhoku-ku, Nisso 16th Building, Yokohama-shi, Japan 222-0033  Impressum
The information presented is intended to give overview information only.
Changes and technical enhancements or modifications can be made without notice.
Last generated/modified: 27-Oct-2016